焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間も調教メニューに変わりはありません。速めのところを行いつつもトモの状態は良い意味で平行線を辿っており、これなら更に負荷を掛けられそうですね。動きも順調に良くなってきていますので、移動へ向けて仕上げていきたいと思います。馬体重は532キロです」(6/18近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの運動

担当者「この中間はリフレッシュのため、乗り運動は週2回の周回コースでのキャンターのみに止めています。かなり速めのところをこなしていましたから、目に見えない疲れも溜まっていたでしょうし、ひと息入れたことでこれから更に良い走りをしてくれるでしょう。トモの状態にはくれぐれも気を付けつつ、来月の移動へ向けて今後も進めて行きます。馬体重は526キロです」(6/25近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「先週末にこちらへ帰場いたしました。堀師から聞いていたように、背中からトモにかけて皮膚病が見られますし、輸送による疲れも多少あるようですね。また、蹄にも少し痛みが出てきています。暫くはこちらでじっくりと立て直す方針ですので、焦らず良化を図っていきます」(6/18近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン、放牧

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動で様子を見ています。歩様は先週から大きく変わり無いものの、この中間は放牧も取り入れていることで、気持ちの方はかなりリフレッシュ出来ていますね。夏場はしっかり休ませる方針ですので、この感じでじっくりと立ち上げていきます。馬体重は560キロです」(6/25近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「引き続きウォーキングマシンで動かしています。まだまだ腰の甘さは感じるものの、運動のペースを落とすことなく進められていることは良いですね。体もこの中間で緩んでいる感じはありませんし、むしろ体重は僅かではありますが減少しています。馬体重は520キロです」(6/18近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「先週に続いてウォーキングマシンでの運動を行っていますが、幾らか歩様はスムーズになりましたね。依然腰の甘さはあるものの、この中間の検査では、前回と比べて大きく悪化している様子は無いと言うことなので、これから徐々に負荷を掛けてどうなるか確認したいと思います。なお、馬体重は前週から大きく変わらず522キロです」(6/25近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本とトレッドミルでキャンター、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もハロン14秒ペースで進めています。課題の息遣いは多少重めではあるものの、動きは悪くありませんね。ただ、体重はなかなか減ってきませんし、脚元に疲れが出てこないように慎重に進めていきます。馬体重は536キロです」(6/18近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「引き続き坂路コースでハロン14秒を中心に進めています。なかなか体が減ってこないので身のこなしの柔らかさと言う点では物足りない感じはするものの、全体的な動きとしては及第点だと思います。もう少しこの調子で乗り進めていき、来月下旬くらいには移動のメドを立てられると良いですね」(6/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは引き続き順調ですが、この中間はリフレッシュ期間を設置。ここまでコツコツ乗り込んできてトモ等に見えない疲れが蓄積していることを考慮してのもの。硬くなりやすい面があった馬ですし。ここから帰厩へ向け、更に負荷を高め、動きの質を良くしていって欲しいです。

サリオスはNF早来へ戻ってきて、まずは馬体のメンテナンスに集中。疲れがチラホラ見受けられるので、1つ1つ治療・ケアをしっかり行ってもらえればと思います。また、新たな試みとして取り入れた放牧が良いリフレッシュになって欲しいです。

クレッセントムーンは引き続き腰の甘さが見受けられることからウォーキングマシンで軽く動かすのみ。歩様に関しては少しずつ良化を辿っているようですが、まだまだ時間を要しそう。個人的にはある程度区切りを設けた方が良さそう。ズルズル先延ばしは止めてもらいたいです。

パラダイスリーフは坂路でハロン14秒のところを継続中ですが、馬体重がなかなか絞れて来ないのが悩ましいところ。屈腱炎明けで負荷を高めていくのはまだまだリスクが大。絞れてくれば、色んな面で良い影響を及ぼしてくれるんでしょうが。