焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳上牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動で様子を見ています。脚元に関してはここまで変わりはありませんが、体が一回り緩んでしまっていますね。喉の状態は改めて獣医師に診てもらったところ、声帯虚脱のような症状がありましたので、もう少しコンディションの上がったタイミングでオペを行う方針となりました。馬体重は562キロです」(9/3近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「飼い葉をよく食べることは良い傾向なのですが、先週から更に体重が増えてしまっていますし、見た目も大きくなり過ぎていますね。脚元の事もあり、運動の負荷を高めることは出来ないですから、飼い葉の量を調整するなどしてこれ以上極端に増やさないよう注意していきます。馬体重は578キロです」(9/10近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週5回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの運動

担当者「坂路調教を行った後から少し背腰のかったるさが出てきましたので、念のため今週は周回コースでの調教中心で進めています。動きそのものは悪くありませんし、道中の折り合いも単走であれば特に問題ないですね。コンディションが上がり次第、坂路へ入れていきます。馬体重は481キロです」(9/3近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの運動

担当者「周回コースでの調教を積みながらも疲れは出ませんでしたから、この中間は坂路コースでの調教を開始しています。15-15くらいまで進めているものの、単走でしたら動きは悪くないですね。ひと息で駆け上がろうとする部分がありますので、もう少し道中で脚を溜めることを意識して進めていこうと思います。馬体重は489kgです」(9/10近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシンと放牧

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動に止めていますが、歩様に関しては特に問題無さそうですね。先週よりも良化している印象です。また、田中博師から『内面が弱ってきているので、放牧をして精神的に一度リセットして欲しい』とオーダーを受けていましたので、夜間は放牧に出しています。元々鼻出血を発症したことがある馬ですし、これを機に内面もリフレッシュさせてあげられればと思います」(9/3近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシンと放牧

担当者「先週と調教メニューに変化はありませんが、徐々にメンタル面はリフレッシュされてきているようで、活気が戻ってきました。体重こそ大幅に増えてはいるものの、このタイミングで一旦リセットしてから乗り運動を行う方針ですから、今後も焦らずに進めていきます。馬体重は538キロです」(9/10近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「今月中の移動を目指してこの中間も先週と同様のメニューで進めています。戻ってきた当初から比べるとボディコンディションが上がってきたので、動きもかなり良くなってきましたね。そして、前回計測時から体重がほとんど減っていないように、飼い葉食いもこの馬なりに良いですよ。馬体重は457キロです」(9/3近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「先週と調教メニューに変わりはありませんが、トモを中心に馬体がパワーアップして力強さが出てきましたね。精神状態もここまでは問題なく進められており、あとは動きの質を上げていければ移動への準備は整うと見ています」(9/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ルコントブルーは引き続き軽めの運動で様子を見ていますが、脚元を痛めているので、馬体重が増え過ぎているのは気になるところ。また、声帯虚脱については早めの手術をお願いしたいです。

ミスビアンカは背腰に少し疲れが溜まってきたので、一旦周回コースのみの運動へ切り替えられましたが、翌週にはひとまず回復。現在は坂路と周回コースを併用して入念に乗れているのは○なので、一息で走ろうとする単調な面が少しでも改善してきて欲しいです。

ポレンティアは精神面でナイーブなところがあるので、完全にリセットする為に軽めの運動に加えて夜間放牧を実施。良い意味で活気が出てきているようなので、この試みは合っていると思います。馬体重がちょっと増え過ぎているようですが、今はそこまで気にする必要はないのかなとも思います。

カラパタールは今月中の移動を目指して丹念な乗り込みを継続。理想を言えば、馬体重が増えてきて欲しいですが、ひとまず維持は出来ている様子。また、状態は上がってきているので、これからは動きの質を高めていくように日々の調教を工夫していって欲しいです。