焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「こちらに移動後も脚元含めて気になるところは見られなかったので、この中間から周回コースで乗り出しています。環境の変化には問題なく対応して、初めての場所でも落ち着いて調教に取り組めていますよ。今後は坂路にも入れて徐々に調教の強度を上げていければと思います。馬体重は518キロです」(11/5近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路にも入れています。今週は週3回坂路で17-17のペースから、終い15秒まで脚を伸ばしていますが、問題なくこなしていますよ。今後はハロン15秒の調教を開始していく予定なので、この調子で状態に合わせながら鍛えていきたいと思います。馬体重は527キロです」(11/12近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間は週3回坂路でハロン15秒の調教を行っています。調教の強度を上げた後も問題なく対応しており、動き・反応共にしっかりとしていますね。ここまで順調に立ち上げることが出来ていますし、今後はより負荷を強めたメニューに切り替えていければと思っています。馬体重は526キロです」(11/19近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「ここまで馬の状態に合わせてじっくり立ち上げてきましたが、与えたメニューはしっかりこなしていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。ペースアップには問題なく対応していますし、この調子で登坂回数を積み重ねながら中身を鍛えるとともに、動きの方も良くしていければと思っています。馬体重は466キロです」(11/5近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

調教主任「この中間に右トモの蹄球に炎症が見られたことから、軽めの運動に控えていましたが、排膿後は順調に回復したことから、今週半ばから乗り運動を再開しています。乗り出した後も蹄を気にすることはないですし、このまま問題なければ元のメニュー戻していくことが出来るでしょう。馬体重は469キロです」(11/12近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒、トレッドミル

調教主任「排膿後は右トモ蹄球の状態は落ち着いていたことから、この中間から周回コースに加えて坂路にも入れています。運動後も脚元の状態は変わりないですし、週半ばに坂路でラスト1ハロン15秒まで伸ばしてみたところ、まずまずの動きを見せていましたから、頓挫の影響はなさそうです。このまま徐々に調教の強度を上げていきたいと思います。馬体重は468キロです」(11/19近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

調教主任「左前脚の状態には注意しながら進めていましたが、腫れが落ち着いてきたことから、この中間はトレッドミルでの運動に加えて、周回コースで乗り出しています。まだ軽めのキャンターで慣らし程度ですが、運動後も脚元の状態は良い意味で変わりありません。一息入ってしまったことから、体は少し緩んでしまっていますので、周回コースで長めの距離を乗りながら鍛えていきたいと思います。馬体重は482キロです」(11/5近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

調教主任「この中間も調教の強度は上げずに、脚元の状態に合わせながら同様のメニューで進めています。左前脚の腫れはまだ完全にスッキリしていないものの、運動後も状態が悪化することはないので、引き続き脚元には注意しながら調教を進めていきたいと思います。馬体重は468キロです」(11/12近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒、トレッドミル

調教主任「その後も左前脚の状態は問題なく、順調に進められていたことから、この中間から坂路にも入れています。現在は週2回ハロン17秒のペースで登坂していますが、少し楽をした分、体が緩くなって動きもモッサリとしているものの、前向きに調教に取り組めていますよ。引き続き脚元に注意しながら進めていき、周回コースの距離を延ばすなどして、緩んだ体を引き締めていきたいと思います。馬体重は464キロです」(11/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

別記事で書いたクラシックステップ以外のNFしがらきで調整中の2歳馬の近況をまとめて。

ゲート試験合格後、NFしがらきでコツコツ乗り込みを進めているメッセージソング。着々と負荷を高めることが出来ているのは○。落ち着いて臨めているのも良いでしょう。今後は更に負荷を高めていくことになりますが、それにしっかり対応し、動きの質を高めてもらえればと思います。

リヴィアはこの中間、右トモの蹄球に炎症を確認。どこかにぶつけてしまったようで、膿を取り出すことは出来ています。結果的に少し休ませることになってしまいましたが、そこまでのロスではないと思うので、再度軌道に乗せていってもらえればと思います。

モルレーは左前脚を捻挫した影響がまだ残る現状。その為、周回コースでの乗り込みとトレッドミルでの運動で様子を見てきましたが、徐々に良い方へ向かっているのは確かでしょう。ただ、急激な負荷は症状をぶり返す可能性があるので、まだまだ油断することなく、慎重を期していってもらえればと思います。