焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関東馬・トレセン組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に南Wコースで時計
・次走予定:9月20日の中山・2001メモリアル ジャングルポケットカップ

調教助手「先週末に予定通りゲート試験を受けまして、見事に合格しています。駐立でゴソゴソとしていましたが、1度出して入れ直すと落ち着いて立つことが出来ていましたし、前扉が開いてからの反応も悪くなかったですね。一連の流れで大きな問題はなかったと思います。今週は8日に南Wコースで併せて追い切りを行い、3頭併せのパラダイスリーフが一番後ろを追走して、直線では一杯に鞍上の手が動くと、最後は体半分ほど遅れて終えています。脚元の状態も良かったことから、今週は1週前追い切りということもあってかなりハードな調教を行いました。2番手を追走したG1馬のステルヴィオに少し遅れはとったものの、ラスト1ハロンは11.2秒が出ているように伸び脚はかなり良かったです。調教を重ねて体の重たさが解消されてきつつありますので、先週よりも反応はさらに良くなっていますし、このひと追いでまた一段と良化してくれれば、来週のレースが非常に楽しみですね」(9/8近況)

助 手 5美坂重 55.7- 40.5- 26.3- 12.9 馬なり余力
助 手 8南W良 67.3- 51.9- 37.7- 11.2 一杯に追う ステルヴィオ(古オープン)馬なりの内0.5秒追走0.1秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に南Wコースで時計
・次走予定:9月19日の中京・ローズS(G2)・C.ルメール

奥村武師「8日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクールキャットが追走して行きましたが、最後は遅れてゴールしています。相手は結構攻め馬から動く馬だったことに加えて、体重の軽い乗り役が騎乗していたことで、向こうが気分良くドンドン行き過ぎてしまったために、追い付くことは出来なかったですね。最後は1頭になったことで集中力を欠くような感じになってしまったものの、全体的な動きはしっかりとしていて問題なかったですし、遅れそのものは気にしなくて良いでしょう。先週末に南Wコースで時計を出した際には、ラスト1ハロンで11.1秒を計時しているように、凄い脚を使って伸びてくれており、ひと夏を越えて全体的にパワーアップしているなと実感します。来週のレースに向けて、ここまで特に不安なところもなく調整することが出来ていますよ」(9/9近況)

助 手 5南W重 71.8- 54.9- 39.3- 11.1 馬なり余力
助 手 8南W良 66.5- 50.9- 37.1- 12.3 一杯に追う ノースブリッジ(古馬2勝)直強めの内0.4秒追走1.0秒遅れ
助 手 10美坂重 60.2- 44.7- 29.6- 14.9 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に南Wコースで時計
・次走予定:9月26日の中山・ダ1800m(石川J)

手塚師「8日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアナンシエーションが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。まだ2週前ということもあって、最後まで馬なりのままでゴールしているので、時計的にはそこまで目立つものではなかったものの、コースの外目を通って5ハロンから68.7秒のラスト1ハロンは11.6秒と悪いタイムではなかったと思います。重賞馬のセダブリランテスが相手でしたが、それに見劣ることなくダイナミックな動きを見せてくれましたよ。普段も変にバタバタしたりすることもないですし、間隔を空けたことが良い方に向いたのか、馬の雰囲気は良いように思いますから、今の感じを維持しつつ調整していきたいですね。なお、鞍上は前走でソツなく乗ってくれましたし、引き続き裕紀人(石川裕紀人騎手)に依頼しています」(9/9近況)

助 手 5美坂重 57.7- 42.1- 27.2- 13.5 馬なり余力
石川裕 8南W良 85.6- 68.7- 53.4- 38.4- 11.6 馬なり余力 セダブリランテス(古オープン)馬なりの外0.9秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフはいよいよ復帰戦が近づいてきましたが、この中間も引き続き熱心に乗れていますし、8日の追い切りでは日曜の京王杯AHに出走するステルヴィオに食らい付く動き。映像を見ると手応えの差は歴然でしたが、ビシッととやれていますし、フットワークは悪くなかったと思います。このひと追いで更に動ける態勢へと進んで欲しいです。

クールキャットも来週の出走となりますが、8日の追い切りはちょっとチグハグなものに。併せた相手も身体能力の高い馬なので悲観することはないですし、この馬の時計はマズマズ。ただ、最後は単走になってフワッとして止める感じになったのは気になるところ。オークスでの最後の失速は距離以上にこういう気性が影響したんでしょうねえ。まあ、ここまでの調整は順調だと言えるので、最終追いはビシッとまとめてもらい、結果を残して次のG1へ臨んでいきたいです。

アナンシエーションは次走へ向け、追い切りを開始していますが、8日の追い切りでは石川Jを背にセダブリランテスとの併せ馬を敢行。体重の軽い騎手+先行したので遅れずに対応してくれていますが、長目からキレのある走りを見せてくれています。NF天栄で躾けてきた効果もあるでしょうし、石川Jとは手が合う様子。次走でもコンビ継続が決まったので、レースまでにあと数回追い切りに跨ってもらい、コンビ愛を深めて欲しいです。また、この舞台(中山・ダ1800m)を克服できれば、レース選択の幅が広がると思うので、ひと夏越しての成長ぶりを見せてくれることを願っています。