焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(牡馬・栗東トレセン組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:6月27日の東京・パラダイスS(L)・三浦J

担当助手「先週いっぱいは普通キャンターで調整していましたが、その後も落ち着いて進められていたことから、10日に坂路で時計を出しています。リズム重視で最後まで馬なりのまま駆け上がってきましたが、走り易い馬場とはいえ、ラスト1ハロン12秒2と、楽にこの時計が出ましたよ。道中はムキになって走ることはなかったですし、馬の雰囲気は良かったです。レースまでまだ少し時間があるので、今後も気持ちが入り過ぎないよう気を配りながら進めていきたいと思います」(6/10近況)

助 手 10栗坂良 53.1- 38.2- 24.7- 12.2 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:7月4日の小倉・CBC賞(G3)・福永J

担当助手「10日に坂路で追い切りました。帰厩して本格的に時計を出すのは今回が初めてなので、無理をしない程度に54秒ぐらいで駆け上がってこようと考えていましたが、走り易い馬場だったこともあって、想定していたより良い時計が出ました。ただ、動きそのものは良かったものの、シンザン記念の追い切りでは、気持ちと走りが噛み合って抜群の動きだっただけに、その時と比較するとまだ迫力に欠けますね。でも、強め1本目としては上々だと思いますし、レースまでまだ時間があることを考えると、十分態勢が整うでしょうから、この調子で良化を促して行ければと思っています」(6/10近況)

助 手 10栗坂良 53.3- 39.4- 25.7- 12.7 馬なり余力
助 手 13栗坂良 61.2- 44.1- 29.3- 14.7 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:6月19日の阪神・ダ1400m(和田J)

西園師「レースが来週に控えていますので、10日の追い切りは併せてしっかり負荷を掛けました。道中は先行し、途中から3歳未勝利馬に併せて行き、仕掛けに入ると反応良く伸びて、最後は0.6秒先着しています。全体の時計が53.7秒で、ラスト1ハロンは12.3秒と良い時計で駆け上がってくれましたし、動き・反応ともに抜群に良かったですよ。トモがしっかりとしてきたことで、以前にも増して力強さが感じられますし、ロコポルティなりに逞しくなってきましたね。ここまですこぶる順調に仕上がってきているだけに、この調子で来週の競馬に備えていきたいと思います」(6/10近況)

助 手 10栗坂良 53.7- 38.7- 24.8- 12.3 一杯に追う ウンエンリヒカイ(三未勝)一杯に1.3秒先行0.6秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで時計
・次走予定:6月20日阪神・芝1800m、もしくは6月26日の阪神・芝2000m

藤岡師「9日に坂路で追い切りました。道中は追走し、途中から2歳新馬に併せて行きましたが、早々にバテてしまった相手を尻目に、ミスターサファリはラスト1ハロン12.3秒と、最後まで力強く伸びてくれましたよ。走り易い馬場だったとはいえ、これまでになく動きに力強さが感じられましたし、この馬なりに力を付けてきていると思います。走り易い馬場だとこれだけの動きを見せてくれますから、少しでも綺麗な馬場で走らせてあげれば良い競馬をしてくれそうです。このまま問題なければ、6月20日阪神・芝1800mに向かいたい気持ちがありますが、あくまで来週の追い切りの動きを確かめたうえで判断したいと考えています」(6/10近況)

助 手 6栗坂良 57.0- 41.7- 27.1- 12.9 馬なり余力
助 手 9栗坂良 53.1- 38.7- 25.2- 12.3 一杯に追う ワイドカイザー(新馬)バテるを0.3秒追走2.2秒先着
助 手 13栗坂良 57.3- 42.4- 27.6- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

疲れを取り除くことを優先してきたリアンティサージュですが、前走後の初時計を10日にマーク。上がり重点でサッと伸ばして程度ですが、力む面がなく、気分良さそうなのは○。夏場で再度の東京への輸送となるので、余力を残した中でレースへ向かえるように進めてもらえればと思います。

ピクシーナイトは帰厩後の初時計を10日にマーク。この馬とすればサラッと登坂した程度ですが、マズマズの動きだと思います。あとは本数を重ねていく中でシンザン記念時のような迫力が伴ってきてくれれば。まずは丹念に追い切り本数を重ねて行きましょう。

ロコポルティは和田Jとのコンビで今週末のレースへ。暑い中でも元気一杯に稽古を行うことが出来ていますし、時計もマズマズ。昇級戦の前走は馬群の中での追走で少し窮屈なところがあったと思いますが、馬群から脚を伸ばそうというシーンは作っていたので、その経験が今回に生きてくれればと思います。ただ、1200mの方が合っているように思いますが…。

ミスターサファリは今週の追い切りを確認して、週末のレースへ向かう予定。9日の坂路は軒並み速い時計が出ていたので、時計自体はそこまで強調できるものではありませんが、この馬とすれば凄く動きました。じわじわ力を付けているのは確かなので、次走では距離短縮で掲示板以上をまずは目指して欲しいです。ただ、馬場が綺麗な方が走れると思うので、週末の天候を考慮して翌週に回るのは有りだと思います。