焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(4歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Bコースで時計
・次走予定:5月9日の新潟・三条S(牝馬)・丸山J

勢司師「こちらに戻ってきてからも問題はなく、先週末には南Bコースで終いサッと脚を伸ばすイメージで時計を出しており、28日にも南Bコースで追い切りを行いました。併せて行い、道中はルコントブルーが追い掛けて行く形で進め、直線で内に入れて脚を伸ばして、最後は同入しています。タイムは半マイルからしか出ていませんが、実際には5ハロンから70秒を切るくらいのところをこなしており、馬場の外目を回る形を採りましたから、しっかりと負荷の掛かった調教を消化できたのかなという印象です。動きについても、最後まで脚色が衰えることはなかったですし、良い走りだったと思います。また、馬場入りを嫌がったりすることもなく、前走から間隔は詰まっていますが、メンタル面も良い雰囲気を保つことが出来ていますし、この調子で来週のレースに向けて態勢を整えていきたいですね。なお、鞍上は丸山騎手に依頼しています」(4/29近況)

助 手 25南B良 57.1- 42.2- 13.9 馬なり余力
助 手 28南B良 54.1- 39.9- 12.3 馬なり余力 サイモンルグラン(古馬1勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 2南B稍 56.4- 41.8- 14.4 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:29日に南Wコースで時計

田中博師「帰厩後は坂路コース中心で進めてきましたが、やや左トモには硬いところがあり、バランスの左右差を感じました。それでも乗り込んでいく中で徐々に解消してきたことから、29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。ポレンティアが2馬身追走して、最後は併入で終えています。小さい動きであれば左トモを流すような仕草があるものの、コースで大きく走らせればそのような仕草は見せていませんでしたし、こちらが思っていたよりも動きは良かったですね。体が幾らか太め残りではあるものの、息遣いも整ってきたかなと思います。しかし、調教後に僅かながら鼻出血が確認されました。以前のように咳込んだりしている訳ではありませんし、調教後もどこかにダメージが出ている感じは無いのですが、これから表面に出てくる可能性もありますから、よく経過を観察しつつ健康状態には特に気を付けて進めていきたいと思います」(4/29近況)

助 手 24美坂良 62.0- 45.7- 29.8- 14.8 馬なり余力
助 手 25美坂良 56.9- 40.8- 26.0- 13.1 馬なり余力
助 手 27美坂良 61.2- 45.1- 29.1- 14.3 馬なり余力
助 手 28美坂良 62.1- 45.5- 28.7- 14.2 馬なり余力
助 手 29南W稍 53.8- 39.0- 12.2 馬なり余力 ジャストメイビー(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 2南P良 58.4- 43.5- 13.7 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を続けていますが、調子が上向いてからはすこぶる順調に進められていますよ。こちらに戻ってきた当初は精神的に苦しいところが見られましたが、今では良い雰囲気で調教に取り組むことが出来ているので、この調子で更に動きを良くしていければと思っています。馬体重は497キロです」(4/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ルコントブルーは今週末の新潟戦を予定。中間の調整はサラッと追われていますが、動き自体は力強さがあってしっかり。精神状態も高いレベルで安定している様子。昇級戦となりますが、前走でも見せた機動力の良さがこの舞台でも生きそう。色気を持って見守りたいです。

ポレンティアは帰厩後、坂路で時計になるところを丹念に乗り込み、29日の追い切りは4ハロンながらWコースで併せ馬を消化。トモのアンバランスを少し感じさせつつも、時計・動きは良好。着々と態勢が整いつつありましたが、調教後に微量ながら鼻出血を確認。何がその要因かはハッキリしていませんが、レースに行っての鼻出血は出走停止や引退まで繋がりかねません。悪い方へ展開していかないことを願うばかりです。

ミスビアンカはこの中間も順調に乗り込むことが出来、状態は上向き。精神面でも少しずつでもゆとりが出てきているかなあという印象です。あとは本数を重ねていって、動きの質を高めていけば、帰厩の知らせが届くかなと思います。