焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

昇級戦+1ハロン延長が課題になるも、出走と放牧を繰り返してきて馬は着実に良化中。意外と相手は揃ったも、引き続き乗ってくれる吉田隼Jにの手腕に期待。まずはこのクラスにメドの立つ走りをと思うも、本音は連勝を期待したい。☆アリーヴォ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

土曜新潟10R ひめさゆり賞(芝2000m)5枠5番 吉田隼J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計

杉山晴師「先週、CWコースで長めからしっかり時計を出しているので、今週は新潟までの輸送を考慮して坂路で息を整える程度に時計を出しました。道中は折り合いを欠くことなくリズムよく走っていましたし、促すとスッと反応して良い動きでしたよ。レースを経験する毎に心身ともに成長が感じられるようになり、それが結果にも繋がってくれました。ただ、前走はまだ精神的に余裕のない感じだったようですから、その辺りが大人になればより良いパフォーマンスを見せてくれるようになるでしょう。現状は平坦小回りコースの方が競馬はし易いと思い、この番組を選択したものの、福島開催から新潟開催に替わることでどれだけスムーズに立ち回れるかがカギになりますね。でも、先週の追い切りに騎乗した藤懸騎手は“直線の長い新潟のコースはこの馬に向いています”とコメントしてくれましたから、コース変更は前向きに捉えたいですね。引き続き吉田隼人騎手に乗ってもらえるのも強みですから、このコンビで連勝を期待したいところです」(4/8近況)

助 手 7栗坂良 53.9- 39.3- 25.4- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回新潟1日目(04月10日)
10R ひめさゆり賞
芝2000メートル 3歳1勝クラス 特指 混合 馬齢 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジャッカル 牡3 56.0 秋山真一郎
2 2 テリオスマナ 牝3 54.0 津村明秀
3 3 タウゼントシェーン 牝3 54.0 川又賢治
4 4 アールバロン 牡3 56.0 菅原明良
5 5 アリーヴォ 牡3 56.0 吉田隼人
6 6 ヴェローチェオロ 牡3 56.0 西村淳也
7 7 ジオフロント 牡3 56.0 鮫島克駿

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小倉・芝1800mで初勝利を掴んでくれたアリーヴォ。道中の行きっぷりはあまり良くなくて心配しましたが、勝負どころから外を動いていって、4角では前を射程圏に。そして直線でいざ追われると手前を2度ほど替えてフワッとする場面はありましたが、末脚の勢いは断然。2着馬に2馬身差をつけての完勝。まだまだ心身に幼さを残すも、血統馬らしいポテンシャルは魅力です。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。まずは落ち着きを取り戻してから、着実に調教の負荷を高めてきましたが、余裕を持って対応。大事に使っていることで1戦ごとの伸びシロは大きいです。

先月24日に帰厩し、意外とレースまでの間隔は短くなりましたが、藤懸Jに手伝ってもらった1週前追い切りでは、CWコースで6ハロン84秒6でラスト1ハロン11秒9を馬なりでマーク。追い切りでも動くようになってきたのはパワーアップの証。今週の追い切りは新潟への輸送を控えていることから坂路でサラッと追われていますが、動き自体は軽快そのもの。力を出せる状態にはあるでしょう。

今回の舞台は外回りの新潟・芝2000m。正攻法の競馬だと最後詰めの甘さを覗かせるかもしれませんが、少頭数の7頭立て。Sペースからの瞬発力勝負が濃厚でしょう。落ち着いてレースが流れる分、スタミナを温存できるでしょうし、道中で脚が溜まれば、息の長い末脚を繰り出してくれる筈。まあ、その辺のさじ加減は連続騎乗となる吉田隼Jの手腕に託すのみ。ただ、ここは昇級戦ですし、ライバルは重賞やOPに挑戦している馬が多く、経験の差が出てしまうかもしれません。スケール感は1番だと思いますが。

まずは馬券に絡む走りを見せ、このクラス突破にメドを立てて欲しいです。そして願わくば未勝利からの連勝を決めてもらい、次走でダービーTRや京都新聞杯へチャレンジできることを思い描いています。