焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

状態の良さと連勝中の勢いは魅力も、タフさとスタミナを要求されるこの舞台向きではないのも確か。少しでも上位を目指して欲しいも、まずは怪我・故障することなくレースを終えて欲しい。★アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

日曜阪神11R 菊花賞(G1・芝3000m)7枠13番 M.デムーロ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計

杉山晴師「2週続けてCWコースでしっかり時計を出していることと、先週の追い切りでミルコさん(M.デムーロ騎手)に馬の特徴を掴んでもらっているので、20日の追い切りは単走で終い重点で行いました。前半は15-14のペースで入り、ラスト2ハロン付近からスピードを上げていきましたが、軽く促した程度で反応良く駆け上がってくれましたよ。適度にピリッとしたところが窺えるものの、コースに入った後はムキになることはなかったですし、リラックスしているのは良いことですね。前走から2ヵ月ほど空いていることから、早めにトレセンへ戻して時間を掛けて鍛えましたが、理想通りに仕上がっていますし、良い状態で本番に臨めそうです。3000mの距離は走ってみないことには何とも言えないものの、どの馬も同じ条件ですし、前走のように折り合いがスムーズなら、長丁場をこなしてくれるのではないかと思っています。普段は大人しくて扱い易い馬ですが、レースに行くと返し馬ではテンションが高くなって、無駄な体力を消費してしまうところがあることから、今回も返し馬を終えるところまでメンコを着けるなどして対策を練りたいと思います。また、18日の体重測定では前走から8キロ増の500キロでしたから、近場の阪神競馬場なら輸送の影響を受けることなく、前走よりプラス体重で臨めるのではないかと考えています。3勝クラスの身で、これまで大舞台を経験していないなど、条件として厳しいのは確かですが、立ち回り一つでチャンスがあると思います。それに加えて大舞台に強いM.デムーロ騎手に騎乗してもらえるのは何より心強いですから、クラシック最後の1冠を獲ってもらいたいですね」(10/21近況)

助 手 17栗坂重 57.5- 42.1- 27.4- 12.8 馬なり余力
助 手 20栗坂良 54.1- 39.2- 24.9- 12.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回阪神6日目(10月24日)
11R 菊花賞(G1) 
芝3000メートル 3歳OP 指定 国際 牡・牝 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ワールドリバイバル 牡3 57.0 津村明秀 
1 2 アサマノイタズラ 牡3 57.0 田辺裕信 
2 3 タイトルホルダー 牡3 57.0 横山武史 
2 4 ロードトゥフェイム 牡3 57.0 丹内祐次
3 5 レッドジェネシス 牡3 57.0 川田将雅
3 6 セファーラジエル 牡3 57.0 鮫島克駿
4 7 ディープモンスター 牡3 57.0 武豊
4 8 エアサージュ 牡3 57.0 藤岡佑介 
5 9 ヴェローチェオロ 牡3 57.0 幸英明 
5 10 モンテディオ 牡3 57.0 横山和生 
6 11 ディヴァインラヴ 牝3 55.0 福永祐一 
6 12 ノースザワールド 牡3 57.0 和田竜二 
7 13 アリーヴォ 牡3 57.0 M.デムーロ 
7 14 ステラヴェローチェ 牡3 57.0 吉田隼人 
7 15 ヴァイスメテオール 牡3 57.0 丸山元気 
8 16 グラティアス 牡3 57.0 松山弘平
8 17 ヴィクティファルス 牡3 57.0 池添謙一
8 18 オーソクレース 牡3 57.0 C.ルメール

○杉山晴師 「前走で苦手な馬場で勝ってくれたように、使いながら力をつけています。ただ、トモの非力なところがあるので、良馬場の方がいいですね。今の状態で、どこまで戦えるのか楽しみにしています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

菊花賞】(13)アリーヴォ 初の大舞台心待ち、杉山晴師「いい状態で出せる」

アリーヴォは朝一番、坂路を元気いっぱいに駆け上がった。杉山晴師は「追い切った後も変わりなく、折り合い面も心配はない」とうなずく。重賞初挑戦がいきなりG1舞台となるが「この2カ月で成長しているし、いい状態で出せる。現状でどれだけやれるか」とレースを心待ちにしていた。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の小倉で2連勝。特に前走は不良馬場というタフな条件でゴール前で急追。同着に終わりましたが、馬群を割って追い込んできた姿は頼もしかったです。

そして前走後はNFしがらきでリフレッシュ。個人的には秋も2000m中心に使っていくんだろうなあと見ていましたが、まさかのG1・菊花賞挑戦へ。勿論、大舞台を目指すことは賛成ですが、菊花賞はよりタフな舞台ですし、レース後に出資馬の故障を2度ほど経験済。見る分には好きなG1ですが、1口馬主とすれば良いイメージはなくて。まあ、レース後のダメージ等を考えると、トライアルを使わず、リフレッシュが叶った状態で出走してきたのは良かったと思います。

9月25日に栗東へ戻ってきた後は坂路とCWコースで追い切りを消化。2週前と1週前はCWコースで速い時計を出し、最終追いは息を整える程度で坂路でサッと。動きには活気が満ち溢れていますし、計画どおりに仕上がったかなと思います。また、毛ヅヤの良さが目につくということなので、体調も頗る良いのでしょう。

ただ、アリーヴォのこれまでの戦績から直線平坦+芝2000mがベスト。同世代同士の1戦とはいえ、直線の坂を2度経験し、タフさとスタミナを要求される舞台。相手なりのタイプ+連勝中の勢いは魅力ですが、上手に乗ったとしても、最後伸びてくるのは容易ではなさそう。

ですので、過度の期待は控えたいと思いますが、晴れ舞台なのは確かなので、少しでも上位を目指してもらえればと思いますし、怪我・故障することなくレースを終えて欲しいです。