焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードギガース

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着後、早々に跨り始めています。既に坂路コースへも連れ出すように。今のところは連戦のダメージも窺えず、すぐに特別な治療等は要らぬ感じです。可能な範囲で積極的に・・・と厩舎側からリクエスト。その点を踏まえつつ進めましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク800m→ハッキング1500m→キャンター3500~4000m。1月7日(木)測定の馬体重は438キロ。

○当地スタッフ 「前向きさが強く出過ぎて力んでしまい、1月5日(火)の調教を終えて結構なスクミが生じました。そのような状況を考慮し、6日(水)よりトレッドミルのメニューに変更。育成時代に北海道で使っていただけに、上手に対応できています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ギガースはグリーンウッドへ移動してきて1週間になりますが、坂路で普通キャンターを乗り出しているように調整は積極的。緩めずに次走へ向かいたいという厩舎の方針でしょう。そして16日の検疫で栗東・杉山厩舎へ帰厩しているようです。

ソレンニータは前日角馬場で脚慣らしを行い、5日から馬場へ連れ出していましたが、調教後にスクミの症状。結構、反動が大きかったようなので、騎乗運動をストップし、トレッドミルでの運動へ。大事には至っていませんが、今後、同じようなことを繰り返さないようにもう少し回復を促してもらいたいです。