焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

今回は牧場での調整から順調。追い切りの動きも良く、好仕上がりで臨めたのは間違いないと思うも、懸念していたスタートで後手を踏む。向正面でポジションを一気に挽回しようと仕掛けていくも、動き出しが早く、結果的に自分を苦しめるだけに。さすがに最後は脚が上がって10着に沈む。★クールキャット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

月曜中山11R フェアリーS(芝1600m)10着(2番人気) 津村J

まずまずのスタートを切ると、レース序盤は無理せずに控えます。1200mの標識を過ぎたあたりで一気に進出して先頭を奪い、そのまま直線に向きますが、坂を登ったあたりで脚が上がってしまい、中団に敗れています。

奥村武調教師「津村騎手はペースが遅いと感じて思い切って上がって行ったようですが、結果的にはやや雑な競馬になってしまいましたね。もう少しジワーッと上がって行ってくれれば良かったのですが、6ハロン以上も脚を使うような競馬になってしまいましたし、さすがに最後は余力がなくなってしまいました。トモの踏み込みが良化してきていたことで、パドックは落ち着いて回れていましたし、返し馬では少しフワッとするところがあったものの、適度に気合いが乗って馬の雰囲気は全体的に良かっただけに、残念な結果になってしまいました。ただ、今日の結果がクールキャットの実力ではないと捉えていますし、次に気持ちを切り替えて頑張っていければと思います。この後は重賞で頑張ってくれましたし、無理せず一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。出脚もうひとつで序盤は後方。ペースが落ち着き、向正面で一気に先頭へ。主導権を握ったものの、さすがに厳しかったか、直線では後続に差されてしまった。今日は噛み合わず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/14日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

奥村武師「厩舎に戻って状態を確認させていただきましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。今回はチグハグな競馬になってしまい勿体なかったですが、次に気持ちを切り替えて頑張っていきたいと思います。この後は無理せず、ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきます」(1/13近況)

⇒⇒14日に福島県・NF 天栄へ放牧に出ています。(14日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のアルテミスSはトモの具合が一息な中、レースでは直線で追い出しを待たされるロスがありながら、最後まで渋太く脚を伸ばしての5着。敗れはしましたが、久々+デビュー戦以来の競馬でも、力のある所は見せてくれました。

そして今回、牧場での乗り込みが順調に進み、良い状態で帰厩。追い切りでも推進力溢れるパワフルな動きを披露するなどデキに関しては前走とは雲泥の差。相手関係は前走より楽になっていましたし、重賞挑戦も2度目。普通に走ってきてくれれば前走以上の結果を得る可能性は高いと見ていました。

ただ、懸念材料になったのがこの内枠。五分のスタートが切れれば、枠の優位さを生かせるでしょうが、仮に後手を踏んで、進路をカットされてしまうと苦しい立場に追いやられるなあというのは頭の片隅にはありました。あとは馬体重が増え過ぎてなければ。

まず心配した馬体重はマイナス2キロでの出走とクリア。馬っぷりの良さはここでも目立つ存在でした。

そしてあとは1番の心配・ゲートでしたが、ボコッと上へ伸びる感じで出てしまうと、器用な脚は使えず。津村Jは促してポジションを挽回しようとしたのですが、トリッキーなコースなので出来るだけ良い位置を確保しようと各馬が主張しあうと、そこへ割って入ることは出来ませんでした。

その後の捲り気味に進出していった件ですが、人気を背負っていたので仕方ない面はあると思いますが、さすがに仕掛けが早過ぎたと思いますし、もう少しジワッと動いてほしかったです。あれだけスイスイ動いていって直線でも頑張っていれば、ちょっと化物です。結果的に自分を苦しくさせるだけでした。まあ、それでいて勝ち馬と1秒1差なので、クールキャット自身は頑張ってくれています。

チグハグな競馬になってしまった分、レース後の疲れ・反動を心配しましたが、相応の疲れはあるでしょうが、脚元は大丈夫そう。14日にNF天栄へ放牧に出ていますが、張り詰めた気持ちが緩んだ後に疲れ・反動が出る場合もあるので、NF天栄でもまずはしっかり回復を促してもらえればと思います。

あと個人的には次走以降はオークス出走を視野に入れ、中・長距離(1800m~2400m)の番組を使っていって欲しいです。