焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードギガース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダート坂路コース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)もしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。7月8日(水)測定の馬体重は508キロ。

○当地スタッフ 「7月9日(木)に前回より距離を延ばしてハロン15秒のラップを刻みました。手足の重さが目立っており、一層ピッチを速めた場合にスッと反応できるかは疑問。身体の張りはもう一つで、筋肉の付き方からも晩成型のイメージが強くなっています」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「週2回ペースで15-15秒を消化。及第点の動きを見せています。少しずつ具合が上向いているのを感じる一方で、全体的に良化の余地を多分に残すのも確かで・・・。厩舎スタッフは頻繁に来場。今後も意見を交わしながら進めて行きましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~18秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は460キロ。

○当地スタッフ 「どの馬もかなりの量の汗を掻いているだけに、夏の暑さに十分な注意を払いながら乗り込んでいます。調教メニューに手を加えており、時計レベルを行なうのは2週間に1回程度に制限。涼しくなるまでは柔軟な姿勢でトレーニングに励みましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ギガースは定期的にハロン15秒のところを乗っていますが、それに伴う良化が一息。馬体を持て余していたり、暑さが堪えてきたりしているのかもしれません。ダート向きなので手足に重さはあるでしょうが、それを感じさせない力強さが現状はありません。まあ、焦っても仕方ないので、コツコツ進めて行きましょう。

ヴェルトハイムはこの馬のペースでコツコツ乗り込んできた成果は少しずつ現れてきています。ただ、気持ちに余裕がないとピリピリしてくると思うので、スタッフが意識してオフオフの時間を作っていってもらえればと思います。

北海道で調整を続ける同期には暑さが堪えているのを目にしますが、『夏は牝馬』を体現する感じでソレンニータは引き続き好調。やはり馬体が解れやすいというのもプラスに働いている筈です。そんな中、課題は馬体重の維持。まだまだ気持ちを追い込まないようにお願いします。