焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】キャトルフィーユの19


f:id:yakifish:20200513050027g:plain キャトルフィーユの19(牝・中内田)父ロードカナロア

【本馬の特徴】

カナダ古牝馬チャンピオンに3度輝いた祖母ワンフォーローズは繁殖牝馬としても超一流。キャトルフィーユを含む3頭がいずれもロードHCに所属し、重賞タイトルを獲得しました。デビュー前から評判の高い半兄ロードプレジールに続ける存在で、1歳秋の完成度は本場の方が上。時に見せる我の強さは母を彷彿とさせており、ストライドの大きな力強い走りを武器にG1を目指したくなります。

○馬体重 438キロ 体高 160.5センチ 胸囲 178.0センチ 管囲 19.8センチ(募集時・2020/10月下旬)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2020.11.15
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「半兄ロードプレジールと同様に高い素質が窺える一方、本馬は既に芯が結構入っている感じ。その点が明らかに異なり、上の2頭に認められた緩さがそこまで感じられません。9月末に馴致を終えた後も順調。牝馬の中で乗り味はトップランクです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キャトルフィーユの3番仔で初めての牝馬となるのが同馬。この母系は牝馬に出た方が優秀の確率が高いと思っているので、牝馬での出資候補となると自然浮上しました。

馬体に関しては右前の膝が少し被っていますが、雰囲気は母は違うもヴェルトハイムに近い印象。皮膚の張り・薄さは目立つものがあり、意外と丈夫かもしれません。

また、敏感なところがある母の仔ですが、兄2頭は幼さが非常に目立ちましたが、こちらはそこまで酷い感じはしないですし、調教動画では真面目に登坂しています。

全兄ラウレアは大成できませんでしたが、メンタルが弱すぎただけでポテンシャルは秘めていました。活躍出来なかった分を同馬に賄ってもらえればと(笑)。母に負けない活躍を今から期待しています。