焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

停滞気味の現状を打破する為にダートへ矛先を向け、ようやく実現。適性に関しては走ってみてのお楽しみ。あとはシャイプアップした姿で今度こそレースへ臨んで欲しい。★ナイトバナレット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

火曜中京9R 門松S(ダ1400m)7枠14番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計

矢作師「昨年末の阪神・フォーチュンCを除外になって権利を獲ることが出来ましたので、1月5日の中京・門松Sに坂井瑠Jで投票させていただきました。3日の追い切りは坂井瑠Jに感触を確かめてもらいましたが、良い手応えで駆け上がってくれましたし、息づかいもしっかりとして使う毎に良くなっていますよ。前走は上がり最速の脚を使ってくれましたが、高速馬場で前も止まらず展開が向かなかったことに尽きます。普段の調教の走りを見るとダートにも対応してくれそうな走法ですし、良い状態でどれだけの走りを見せてくれるか試すには良い機会だと思います。芝スタートなら戸惑うことはないと思いますし、ゲートを上手く出してくれる瑠星(坂井瑠J)なら良いスタートを決めて流れに乗っていけるはずです。ここで良い競馬が出来れば今後の選択肢が広がるだけに、期待したいところです」(1/4近況)

助 手 27栗坂良 64.0- 46.1- 29.9- 14.4 馬なり余力
助 手 29栗坂良 57.9- 42.0- 28.1- 14.6 馬なり余力 
助 手 31栗坂不 57.2- 40.7- 26.2- 13.3 馬なり余力
坂井瑠 3栗坂良 53.1- 38.6- 25.4- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京1日目(01月05日)
9R 門松S
ダ1400メートル 4歳上3勝クラス 特指 混合 定量 発走14:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンライズナイト 牡6 57.0 和田翼
1 2 ホウオウスクラム 牡6 57.0 吉田隼人
2 3 クリノサンレオ 牡8 57.0 幸英明
2 4 ロジヒューズ 牝6 55.0 団野大成
3 5 サンタナブルー 牡9 57.0 柴山雄一
3 6 メイショウウズマサ 牡5 57.0 斎藤新
4 7 ファシネートゼット 牝4 54.0 富田暁
4 8 トウカイパシオン 牝6 55.0 古川吉洋
5 9 ハッピーゴラッキー 牝5 55.0 岩田望来
5 10 シェパードボーイ 牡5 57.0 福永祐一
6 11 メイショウベンガル 牡4 56.0 岩田康誠
6 12 プロスパラスデイズ セ6 57.0 藤岡佑介
7 13 メイショウヤクシマ 牡8 57.0 鮫島克駿
7 14 ナイトバナレット 牡7 57.0 坂井瑠星
8 15 フォーカード 牡7 57.0 浜中俊
8 16 ホウオウカトリーヌ 牝5 55.0 川又賢治

○宮内助手 「以前の乗り難しい面が治まっていますし、ダートに使ってみたいと思っていた馬。1400mなら距離的にもぴったりでしょう。年明けの追い切りで、少し絞れてくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3勝クラスに昇級後、掲示板にのることが出来ていないナイトバナレットが、自分の競馬スタイルを崩すことなく、最後までジリジリとした伸びを披露。ただ、このクラスで真っ向勝負を挑んでいくのはちょっと荷が重いと言わざるを得ません。また、寒い時季になって馬体が絞り辛くなっているのも結果に悪影響を及ぼしています。ピリッとした感じが薄れることで、自分から走ろうという意欲も減退しているように思います。

そこで陣営は新味を求める意味でダートへ矛先を向けることに。以前にもダートを試したいという意向はありましたが、その後ピタッと話題に出ていなかったのでその話(ダートへ矛先を向けること)はなくなったのかなと見ていましたが、ここに来て再浮上。攻め駆けしますし、走り自体はパワフル。個人的な印象では砂を被って怯んでしまう馬ではないと思うのですが、砂を被ってフワフワしてしまい、追走に手間取るケースは十分あるでしょう。まあ、後方からの競馬になるのは確実だと思うので、前と離され過ぎないところで脚を温存できるかどうかが1つ鍵に。あとはここ数走で悩まされている馬体重。理想は6~10キロぐらい絞れて欲しいです。

前走後は昨年末の阪神・フォーチュンCで連闘を試みるも除外。その時に手にした除外の権利によって今回のダート戦への出走が叶いました。この中間は丹念に時計をマークしているように体調自体は良さそう。ただ、最終追いはもっと意欲的に行って欲しかったです。

実際のダート適性はホント走ってみてのお楽しみといったところですが、合っている可能性はそう高くないと思いつつも、新味が出てくれることを願いたいです。そして1戦でも長く、現役生活を続けてもらいたいです。