焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

54キロの斤量+この馬を知り尽くした坂井瑠Jで臨めるのは楽しみも、追い切りの時計等からガラッと良くなってきた感じはなし。おそらく重目が残るでしょうから、自分のリズムを守った競馬に徹して1頭でも多く交わしてきて欲しい。★ナイトバナレット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

日曜阪神9R サンタクロースHC(芝1600m)7枠13番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日に坂路コースで時計

担当助手「ダート戦も視野に入れていたので、12月20日の中京・三河ステークスに小牧騎手で投票しましたが、非当選で除外となってしまったことから、12月20日阪神・サンタクロースハンデキャップに坂井瑠星騎手で再投票しました。16日に坂路で追い切りましたが、前回よりも背腰の感じがしっかりとしていて、それが走りにも表れていました。反応・動きともに素軽さが増していますし、一度使った上積みが感じられます。前走の追い切りではそこまで放牧明けの影響は感じられなかったですが、レースではペースが上がったところでモタモタしていたので、やはりその影響があったのかなと思いました。ここ最近はもう一つ良いスタートを決めていませんが、瑠星(坂井瑠星騎手)は上手く出してくれるので、互角に出て良いポジションで流れに乗ってもらいたいですね。芦毛なので見映えはしませんが、この馬なりに張りが出て調子は上がってきているので、状態の良さをレースで見せてもらいたいところです」(12/17近況)

助 手 15栗坂良 62.0- 44.7- 29.6- 14.5 馬なり余力
助 手 16栗坂良 52.3- 38.2- 25.8- 13.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第6回阪神6日目(12月20日
9R サンタクロースH
芝1600メートル 3歳上3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ショウナンパンサー セ4 55.0 岩田康誠
1 2 ステイオンザトップ 牡6 56.0 浜中俊
2 3 ラテュロス 牝5 54.0 北村友一
2 4 トウケイミラ 牝3 53.0 鮫島良太
3 5 ジュランビル 牝4 54.0 和田竜二
3 6 オースミカテドラル 牡4 54.0 幸英明
4 7 エクレアスパークル 牡6 54.0 松若風馬
4 8 トリプルエース 牡3 56.0 福永祐一
5 9 ソシアルクラブ 牝5 53.0 武豊
5 10 カルリーノ 牡4 55.0 戸崎圭太
6 11 シフルマン 牡4 55.0 松山弘平
6 12 ロライマ せ7 55.0 池添謙一
7 13 ナイトバナレット 牡6 54.0 坂井瑠星
7 14 メイショウモウコ 牡6 54.0 横山典弘
7 15 ルヴォルグ 牡4 55.0 岩田望来
8 16 トオヤリトセイト 牡4 55.0 C.ルメール
8 17 アクアミラビリス 牝4 55.0 M.デムーロ
8 18 ダブルシャープ 牡5 57.0 酒井学

○宮内助手「中山の1600mなら条件はベストでしたが、プラス体重が影響したようです。今回はハンデ戦で54キロ。絞れていれば違うはずです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の中山・市川Sは定量戦でしたが、頭数は落ち着き、離して逃げるオスカールビーが出走していたので、ナイトバナレットには展開が味方してくれそうだったのですが、中山への長距離輸送があったにも関わらずプラス8キロでの出走。追い切りの動きが地味であったように夏場の良かった頃とは状態は雲泥の差。馬体がタプタプではキャリアと年齢を重ねて、ズブさが増してきたナイトバナレットには走ることへの意欲が沸いてこなかったのでしょう。

その前走から中1週での競馬。本当は中京のメイン・三河Sでダートの適性を探りたかったのですが、こちらは非当選で除外。そこで矛先を阪神のマイル戦・サンタクロースHへと切り替えてきました。中間の調整に関してですが、16日の坂路追いでは4ハロン52秒3とマズマズの時計も、最後は無理せずに流した感じ。悪くはないのですが、今回巻き返そうという意欲は伝わってきません。絞り辛い時期なのは分かりますが…。

フルゲート18頭立てというのも厄介ですが、ハンデ戦で54キロで出走できるのとこの馬を知り尽している坂井瑠Jとのコンビで臨めるのは数少ない強調点。ゲートから出て行かないと思いますが、焦ることなく最後の直線に勝負を賭けてもらえればと思います。そして1頭でも多く交わしてきてくれれば。あと、馬体重は更に増えて出てくることだけは避けてもらいたいです。