焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

先月25日に帰厩。引き続き牝馬限定戦(23日の中山・初茜賞)に使っていくことになります。☆ルコントブルー

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

・在厩場所:25日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:1月23日の中山・初茜賞(牝)

勢司師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込みを積めていたということですし、今日の検疫で帰厩させていただきました。今のところ、年明けの中山開催最終週に牝馬限定のダ1800m戦が組まれていますので、そこを目標に進めていければと考えています」(12/25近況)

助 手 27南B良 56.5- 41.9- 13.4 馬なり余力
助 手 30南B良 57.4- 42.9- 14.0 馬なり余力
助 手 3南B良 58.4- 43.4- 14.5 馬なり余力 トピックス(三未勝)馬なりの外0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昇級戦となった前走で5着と2勝クラスへメドの立つ走りを見せてくれたルコントブルー。その後はNF天栄で再調整を行ってきましたが、疲れ・反動が出ることなく、順調に乗り込みを重ねることが出来ました。そして先月25日の検疫で美浦・勢司厩舎へ帰厩しています。

帰厩後は控え目な内容ながらも時計を3本マーク済。ひとまず順調に来ていると言えるでしょう。そして次走に関しても牝馬限定戦がターゲット。このまま順調に仕上がるのなら、23日の中山・初茜賞(牝馬限定)へ挑むことになります。前走ではクラスの流れに戸惑うところを覗かせたので、その経験を生かしてくれれば、このクラス2戦目では前進が見込める筈。元々、器用なタイプですし、切れ味に欠ける分を中山・ダ1800mで補ってくれればと思います。また、4歳になった今年はどこかのタイミングで1度芝を試せるようなら嬉しいのですが。