焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

1つ勝てる力は間違いなくあるも、気持ちが先走ってレース前にスタミナを消費してしまうのがネック。また、走りではトモを上手に使えていない為に追ってから甘くなってしまう。課題はハッキリしているので、この2点が着実に良くなってくるように努めて欲しい。自滅する形での敗戦だけは絶対回避を。★イルデレーヴ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

火曜中京1R 3歳未勝利(ダ1200m)8枠16番 岩田望J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター

池添学師「変則日程に加え、なるべくテンションが上がらないよう仕上げる為、本格的な追い切りは昨年末に坂路で時計を出しました。帰厩当初は体が伸びてトモを上手に使い切れない感じでしたが、普段からトモを使わせながら調教を行っていたことで、この馬なりに最後までしっかり伸びてくれるようになりました。普段は落ち着いて調教に取り組むことが出来ていますが、競馬場に着くとテンションが高くなり、入れ込んでしまって無駄な体力を消耗してしまっています。落ち着いてレースに臨むことが出来ればあっさり勝ち上がれるだけの力は持っている馬なので、ゲートインするまで細心の注意を払い、年明け初戦から良い結果を出せるよう気を引き締めていきたいと思います」(1/4近況) 

助 手 31栗坂不 54.0- 39.8- 25.8- 12.6 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京1日目(01月05日)
2R 3歳未勝利
ダ1400メートル 混合 馬齢 発走10:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カフジヴィオレッタ 牝3 54.0 幸英明
1 2 メイショウコトダマ 牡3 56.0 城戸義政
2 3 モズレディーモー 牝3 51.0 泉谷楓真
2 4 ビップレックス 牡3 56.0 川須栄彦
3 5 サウンドハーヴィー 牡3 56.0 松若風馬
3 6 キンバ 牡3 55.0 富田暁
4 7 ジャスパーゴールド 牡3 56.0 武豊
4 8 ゲンパチミーティア 牡3 56.0 坂井瑠星
5 9 スパークリングアイ 牡3 56.0 国分優作
5 10 マグナムハート 牡3 56.0 吉田隼人
6 11 アブルマドール 牡3 56.0 北村友一
6 12 ニシノレガシー 牡3 56.0 藤岡佑介
7 13 ワイディドゥバイ 牡3 56.0 川島信二
7 14 ドナレイラニ 牝3 53.0 団野大成
8 15 ニホンピロビグラス 牡3 56.0 田中健
8 16 イルデレーヴ 牡3 56.0 岩田望来

池添学師 「前走は少しテンションが高かった。スタートは安定しないが、落ち着いて臨めれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート内に縛り付けて観念させる方針で駐立の安定を図ったイルデレーヴ。その甲斐あって、前走では五分のスタートを切ることは出来ました。ただ、心身の幼さを多分に残し、走ることに対して不真面目な点があるので、前向きに自分から走ろうという姿勢が乏しいのがネック。

また、競馬場へ来ると、テンションが上がり、前走時は装鞍所でかなり発汗が目立ったとのこと。走る前からスタミナを消費していては…。未勝利は勝てる脚力を秘めていると思いますが、気持ちと体がフィットしていません。キャリアを重ねる毎に何かバランスを欠いているようにも思います。

前走後はNFしがらきで再調整。日々の調教は気持ちを落ち着かせながら取り組み、走りのバランスを矯正。トモをしっかり使って、体が伸び切らないように取り組んできました。ただ、これに対しては自分のモノにし切れていません。どうも気持ちが先走ってしまうのでしょう。帰厩後の追い切りに関しても、いざ追われてからもうひと踏ん張りが足りず、甘くなっています。もう少し長い目で見て行かないとダメなのかなあ…。また、最終追いは大晦日に済まし、テンションが上がり過ぎないように努めています。この効果が実戦での落ち着きに繋がって欲しいです。

今回は大外枠からの出走。おそらく最後の枠入りだと思うので、駐立の時間が短くなることはイルデレーヴには優位。仮に後手を踏んでも、大外枠なら巻き返しやすいでしょう。レースプランとすれば、道中は無駄な脚を使わずに好位でじっと我慢して欲しいです。そして追ってから甘くなるところがあるので、追い出しもギリギリまで我慢できれば良いのですが。

また、今回は岩田望Jとの初コンビ。昨年の活躍は目立ちましたが、全くのテン乗りでイルデレーヴを乗りこなすのは至難の業かも。陣営にはこの馬の長所・短所をしっかり騎手へ伝えておいて欲しいです。勿論、ここで未勝利脱出と行きたいですが、まずは5着以内をしっかりキープ。そしてレースでは自分から止めてしまうようなことだけは絶対避けて欲しいです。