焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

正攻法の競馬で力のあるところは示せたも、道中でのちょっとしたミスやロスが最後に響いてしまう。4角で外へ振られ、最後の直線で手前が替わらなかったのが痛恨。良く頑張ってくれているのですが、勲章には手が届かずの4着。★ブライトクォーツ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜中山10R 中山大障害(J-G1・障4100m)4着(2番人気) 西谷J

まずまずのスタートから促しながら、一つ目の障害を無事に飛越すると、その後も先行グループで流れに乗りながら各障害をクリアしていきます。最後のコーナーでは外に振られながらも懸命に脚を伸ばしますが、上位馬を捉え切るほどの脚は見られず、3度目となる障害G1挑戦は4着でゴールしています。

荒川調教師「スタート直後はそこまで行き脚が付かなかったものの、その後は良い位置で流れに乗ってレースを運ぶことが出来ていたと思います。2周目の大障害も無事クリアしたものの、その次の障害の手前で前へ入られてしまったことで、飛越が不安定になってしまい、ポジションを下げてしまいましたね。でも、それ以外は安心して見ることが出来ましたし、勝利することは叶わなかったものの、4100mの距離を最後までよく無事に完走してくれました。レース後、西谷誠騎手にどうだったのか聞いたところ、『2周目の大障害を飛んだところまではとても良い感じで行けたのですが、その次の障害手前でフォワードカフェに乗っ掛かりそうになるぐらい邪魔をされて飛越が不安定になり、そこでポジションを下げてしまったのが痛かったですね。それでも最後の3~4コーナーでは突き抜けるぐらいの手応えでしたし、これなら捉えることが出来ると思いましたが、4コーナーで勝ち馬に外へ振られてしまい、直線ではジリジリ伸びてくれたものの、上位馬を捉えるところまで行きませんでした。着差が着差だけにスムーズな競馬をさせてあげられなかったことが悔やまれます』と話していました。今年は大きな怪我をすることなく無事1年過ごすことが出来ましたし、この後も問題なければ来年も同じようなローテーションで調整していきたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

障害王者・オジュウチョウサンが参戦を見送ったことで、待望のJ-G1が目の前にチラついたブライトクォーツ。ただ、他陣営も色気を持って、ここへ臨んでくることになるので、どういう流れ・展開になるのか読めない面もあり、期待と不安が入り混じった心境でレースを見守りました。

馬体重は前走からマイナス10キロ。ちょっと意外な馬体減でしたが、調整に狂いはなかったと思いますし、ここへの意欲の表れだったんでしょう。

レースは出たなりの位置で流れに乗ったブライトクォーツ。早めに2番手まで押し上げて行ったのはビックリしましたが、折り合いを欠いた感じはなく、他の有力馬を牽制する意味合いもあったのかなと思います。その後は前目の位置にこだわることなく、大障害コースも自然体でクリア。少し前のめりになるところはありましたが、バランスを崩すほどではなかったです。ただ、その後の障害でフォワードカフェに内へ押し込まれるようなところがあり、ややバランスを崩す形に。そこで立て直す羽目になったことで位置取りを下げてしまったのは痛かったかなと思います。

その後、徐々にポジションを巻き返していくと、最後のバンケットではメイショウダッサイを直後に見る形。最終障害も無難にクリアすると、最後は平地力&スタミナ比べ。出来れば早めに外から被せていきたかったんでしょうが、それが叶わらず、逆に4角を回る時に外へ振られる不利。バランスを少し乱されたことで直線で手前が替わらなかったのが痛恨。ジリジリ伸びるだけでメイショウダッサイに突き放され、先行していた
ケンホファヴァルトを捉え切れず、後ろからの競馬になったタガノエスプレッソに交わされての4着に。大きな実力差は存在していないだけに、ちょっとしたミス・ロスの積み重ねが、この結果に出てしまったと思います。うーん、今回に関しては運もなかったんでしょう。それでも無事完走して4着に入っているのは孝行息子です。

今後は春の中山グランドジャンプが大目標に。昨年(2020年)のローテ通りなら、阪神スプリングJをひと叩きして臨むことになるのでしょう。意外とレース間隔は短いので、今回の疲れを早目に取り除き・癒し、準備をしていって欲しいです。そして今回の悔しさを是非とも晴らしてもらいたいです。