焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

10日の追い切りで好時計をマークし、期待を持って阪神スプリングJへ臨めると思っていたら、午後になって左前脚の繋部に腫れを確認。改めて詳しく検査を行ったところ、重度の屈腱炎の診断が下る。復帰まで時間が掛かる+再発のリスクも高いということで引退することになってしまいました。★ブライトクォーツ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日にCWコースで時計

荒川師「西谷誠騎手に跨ってもらい、CWコースで追い切りました。動き・反応ともに良く、ジョッキーも非常にいい感触で好勝負が期待できると話していたのですが、午後になって厩舎で状態を確認したところ、左前脚の繋部に腫れが見られ、歩様にも少し見せていました。獣医師に診てもらったところ、フレグモーネか、もしくは中筋を痛めているのではないかとのことでした。もう少し詳しく状態を見てみないことにははっきりとしたことが言えませんが、さすがにこの状態でレースに挑むのは厳しいと判断し、今週は回避させていただくことにしました。明日、もう一度検査したうえで、今後の方針を相談させていただければと思います」(3/10近況)

西谷誠 10CW良 79.8- 65.0- 51.3- 38.2- 12.7 一杯に追う

・在厩場所:栗東トレセン

荒川義之調教師「左前脚の腫れが少し落ち着いてきたことから、詳しく検査してもらったところ、繋部に炎症が見られ屈腱炎の診断がおりました。症状としては重度のもので、再発のリスクが高く、復帰までかなり時間を要することを考えると、このまま引退させて、次のステージに送り出してあげる方が馬のためには良いかもしれません。平地では未勝利に終わりましたが、障害戦に転向後は2019年12月の中山大障害で接戦を演じてくれるなど、本当によく頑張ってくれました」(3/12近況)

上記のように繋部浅屈腱炎の診断がおり、復帰までにかなりの時間を要する見込みであり、その過程で再発のリスクも高く、このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。近日中に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定ですが、競走馬保険等を含む詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。2016年8月のデビュー戦からここまで本馬への温かいご声援、誠にありがとうございました。

⇒⇒13日に競走馬登録抹消の手続きが取られています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10日の追い切り時計を確認し、好仕上がりで阪神スプリングJへ臨めると思ったブライトクォーツですが、一足先に『今週の出走を見合わせることになりました』という情報。熱発等で出走を見合わせることになったのかなと軽く見ていたのですが、10日の更新で左前脚の繋部に腫れが見られ、歩様にも少し違和感が出ているとのこと。フレグモーネか中筋を痛めたかということで、前者であって欲しいと願いました。そして11日に更新がなかったので軽症だったのかなと思っていたら、12日に近況が更新され、詳しい検査の結果、重度の屈腱炎という診断。とにかくタフさが売りのブライトクォーツだったので、正直ビックリしましたし、ガッカリしました。まあ、これも競走馬として避けられない運命なんでしょうが…。復帰まで時間を要すること+再発の可能性も高いということで、JRAの競走馬登録を抹消することになってしまいました。

3歳時に未勝利を勝てず、格上挑戦で初勝利を目指していた頃は、正直もう見切って欲しいと思いましたし、その後に障害入り。最初の頃は障害センスを感じなかったのですが、徐々に飛越が安定し、持ち前のタフさとスタミナが生きてくることに。平地+障害で結果として1勝しか出来ませんでしたが、中山大障害中山グランドジャンプでの好走。障害の絶対王者オジュウチョウサンに先着もしました。あとはJ-G1でなくても、1つ勲章を取っておきたかったです。今後は乗馬に転身するとのことで、第2の馬生が少しでも良いモノになることを願うばかりです。お疲れ様でした。