焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

まずは無事完走することが1番ですが、3度目のJ-G1挑戦は大チャンス。絶対王者のオジュウチョウサンが出走しない分、各馬、色気を持って挑んでくることで出入りの激しい消耗戦になりそう。乱ペースに惑わされずに自分のリズムを大事に乗ってきて欲しい。障害での2勝目をJ-G1制覇で決めたい。☆ブライトクォーツ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜中山10R 中山大障害(J-G1・障4100m)6枠12番 西谷J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日にCWコースで時計

荒川義師「先週、障害コースで練習してから、CWコースで負荷を掛けて時計を出しているので、23日は反応を確認する程度に控えています。動きに関しては前走よりも良くなっていると西谷騎手が絶賛していましたし、しっかり間隔を取って調整することが出来ましたので、フレッシュな状態でレースに臨めそうです。昨年はあと一歩のところでシングンマイケルに足元をすくわれてしまいましたが、勝ちに等しい内容だったと思いますし、展開次第で十分出番があると思っています。西谷騎手も『オジュウチョウサンが不在とあって、どの馬も勝ちに来ると思うので展開が読めないですが、僕がミスしなければ勝ってくれると思うので、気を引き締めてレースに臨みたいと思います。何とか勲章を獲らせてあげたいですね』と話していました。彼が騎乗した最初のレースは6着でしたが、その後は3→2着と成績を上げているように西谷騎手とブライトクォーツの息が合ってきているのは確かです。何とかこの大舞台で良い結果を残して、良い形で今年を締めくくれるようレース当日まで細心の注意を払っていきたいと思います」(12/24近況)

西 谷 23CW良 82.1- 66.4- 52.6- 39.5- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山7日目(12月26日)
10R 中山大障害(J-G1)
障4100メートル 3歳上障害OP 国際 定量 発走14:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シンキングダンサー セ7 63.0 五十嵐雄祐
1 2 ヒロノタイリク 牡5 63.0 難波剛健
2 3 ケンホファヴァルト 牡7 63.0 熊沢重文
2 4 アズマタックン 牡7 63.0 小坂忠士
3 5 ヒロシゲセブン 牡5 63.0 高田潤
3 6 ストレートパンチ 牡4 63.0 伴啓太
4 7 シゲルピーマン セ5 63.0 大江原圭
4 8 フォワードカフェ 牡8 63.0 石神深一
5 9 ビッグスモーキー セ5 63.0 植野貴也
5 10 ケイブルグラム セ7 63.0 蓑島靖典
6 11 タガノエスプレッソ 牡8 63.0 平沢健治
6 12 ブライトクォーツ 牡6 63.0 西谷誠
7 13 セガールフォンテン 牡10 63.0 草野太郎
7 14 メイショウダッサイ 牡7 63.0 森一馬
8 15 ナリノレーヴドール 牡5 63.0 小野寺祐太
8 16 スズカデヴィアス 牡9 63.0 北沢伸也

○西谷騎手 「放牧帰りはいつも余裕残しなんだけど、前回は今までで1番体を使えている印象があった。競馬はオジュウチョウサンを目標に乗ったら、まだ1頭前にいた感じで……。ただ、いろんな面でパワーアップしているし、距離が延びるのもいいからね。楽しみにしている」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3度目のJ-G1挑戦となるブライトクォーツ。前走の京都ジャンプSは春の中山グランドジャンプ以来の出走となりましたが、マイナス2キロでの出走。だいたい一息入った時は10キロ前後のプラス体重で余裕のある造りで臨んでいたので、前走時の姿はスッキリし過ぎて馬体の張りなんかは物足りなく感じました。

そしてレースでは障害の絶対王者オジュウチョウサンも出走していたので、次のココを睨んでのレースになるのかなと見ていましたが、意識的に仕掛けを我慢して末脚に賭ける競馬を試みると、直線ではこれまでのイメージを払拭する鋭い伸びを披露。一完歩ずつ差を詰めると、最後の障害で少しミスをしたオジュウチョウサンをゴール前でキッチリ捉え切ることに成功。ただ、もう1頭・タガノエスプレッソが一足先にゴールへ辿り着いていました。それだけが計算外でしたが、6頭立てとは言え、ブライトクォーツには距離の短いレースで結果を残せたことに成長を感じました。

前走後はレースで頑張り過ぎたので疲れ・反動を心配しましたが、少し楽をさせると持ち前のタフさを発揮。ひと追い毎にグングン状態を上げていき、1週前の追い切りではビシッとやることが出来ました。叩いた上積みはそれほどないかもしれませんが、久々を使ったことで馬体の張り等は良化している筈。良い状態で大一番を迎えられたのは何よりです。

そして今回が3度目のJ-G1挑戦。2着→3着と堅実な走りを見せてくれていますが、その時の勝ち馬が出走していない今回。タイトル奪取へ自然と力が入ってしまいます。

相手関係に目を遣ると、伏兵陣も侮れませんが、1番のライバルになるのがメイショウダッサイ。スッと前へ取り付くことが出来、飛越も上手。直接対決は1勝1敗の形ですが、春の中山グランドJは飛越で脚をぶつけた為、最後踏ん張りが利きませんでしたが、2着メイショウダッサイと3着ブライトクォーツとの差は大差。スムーズさを欠くと突き放されてしまいます。前走の東京HJを見ても、安定感は素晴らしいです。

ブライトクォーツと西谷Jはひとまず同馬を目標に競馬を進めることになるでしょう。ただ、オジュウチョウサンが出走しないので、各馬共に色気を持っての参戦。出入りが激しくなったりと消耗戦になりそうな気配。乱ペースに巻き込まれたくないので、序盤は中団~後方でじっくり構えることになりそう。あとはどのタイミングでGOサインを出し、競り合いにもっていけるかでしょう。まあ、その辺りは大レースに慣れている西谷Jの手腕にお任せするのみです。

まずは無事完走することが大前提ですが、自分のリズムを守り、不利を受けることなくスムーズな競馬をお願いします。そして障害での2勝目をJ-G1制覇で決めてもらえれば……。これほど嬉しいことはありません。吉報が届くことを願っています。