焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

立て直した効果で追い切りではしっかり動けるように変わってきています。デビュー戦は砂を被ってフワフワしてしまったので、2戦目の今回は芝にチャレンジ。適性は走ってみないと何とも言えないも、短期間での成長ぶりに期待。☆アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

日曜阪神4R 2歳未勝利(芝2000m)1枠1番 西村淳J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路コースで時計

杉山師「23日に坂路で追い切りました。先週、西村淳也騎手に感触を確かめてもらっているので、今週は助手が騎乗して時計を出しましたが、深い馬場で決して走り易くなかったはずですが、それでも脚を取られることもなく、軽快に駆け上がってきましたよ。西村淳也騎手も先週の追い切りでかなり手応えを掴んでくれましたが、その時よりも動きが更に良くなっていることを考えると、かなり良い状態でレースに臨めそうですね。初戦は砂を被って嫌がってしまい、のびのびと走らせることが出来なかったことに尽きますし、この条件で見直したい気持ちです。一度レースを使った上積みは感じられますし、今の状態でどれだけ良い走りを見せてくれるのかとても楽しみです」(12/23近況)

助 手 20栗坂良 59.6- 43.8- 28.7- 13.1 馬なり余力 パソロブレス(新馬馬なりを0.1秒追走同入
助 手 23栗坂良 53.7- 39.0- 25.1- 12.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第6回阪神8日目(12月27日)
4R 2歳未勝利
芝2000メートル 指定 混合 馬齢 発走11:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アリーヴォ 牡2 55.0 西村淳也
1 2 ジャックドール 牡2 55.0 藤岡佑介
2 3 シュルレアリスト 牡2 55.0 藤岡康太
2 4 メイショウイナホ 牝2 53.0 斎藤新
3 5 ダンツトレノ 牡2 52.0 泉谷楓真
3 6 トーホウバロン 牡2 55.0 藤懸貴志
4 7 アローテソーロ セ2 55.0 川又賢治
4 8 ルーリング 牡2 55.0 柴山雄一
5 9 アイリッシュベル 牝2 54.0 吉田隼人
5 10 シルキーヴォイス 牡2 54.0 団野大成
6 11 ミッキートレーゼ 牡2 55.0 松若風馬
6 12 シャンブル 牝2 54.0 川須栄彦
7 13 ハッピーオーサム 牝2 54.0 岩田望来
7 14 ショウナンアイビー 牡2 55.0 鮫島克駿
8 15 レーニア 牝2 54.0 幸英明
8 16 ダノングロッケン 牡2 55.0 石川裕紀人 

○杉山師 「体つきは良くなって帰ってきました。芝替わりで一変があってもいいと思いますよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月の遅生まれということで、牡馬とすれば華奢なタイプのアリーヴォ。デビュー戦は母エスメラルディーナがダートでの活躍馬、馬体はやや厚ぼったいということからダートを選択。心身の幼さを多分に残しているも、パドックでは落ち着きがあり、良い雰囲気でレースへ臨めたと思います。

ただ、実戦ではスタート直後に他馬に寄られて手綱を引くシーン。進路がなくなると、他馬のキックバックを浴びてしまいます。頭を上げたりと極度に嫌がる素振りはなかったですが、砂を被ったことでフワフワした走りに。想定よりも後ろからの競馬になってしまうと、道中で押し上げて行くシーンもなく、淡々とした走りに。自分から止めることはなかったですが、最後まで目立った脚を繰り出すことなく11着とホロ苦いデビュー戦となりました。

その後はNFしがらきで再調整。2戦目へ向けて心身の成長を促してきましたが、帰厩目前で疲れから皮膚病を発症。その影響で右前脚を腫らしてしまうアクシデント。幸い、大事には至りませんでしたが、一頓挫あったことで年内に2戦目を迎えることが出来るかどうか微妙な状況となりましたが、その後の回復も早かった為、5日の検疫で栗東・杉山厩舎へ戻ってくることが出来ました。

帰厩後はデビュー当初よりも動きがしなやかで素軽い脚捌きを披露。デビュー戦は砂を被ってフワフワしてしまったので、2戦目の今回は芝にチャレンジすることに。レース1週前追い切りに当たる17日の追い切りでは西村淳Jが実際に跨り、余力十分に僚馬を圧倒と短期間での成長を感じさせます。芝替わりがプラスに出るようなら、ガラッと変わってきても不思議ではありません。ただ、芝の方が良い可能性は正直何とも。いざ追われてからギアを上げ、速い脚を使えるかどうかはレースでの走り見てみないといけません。

まあ、芝がダメだった場合はダートで出直すのみ。砂を被ったりするのに慣れていけば、追走に余裕が出てくるでしょうから。ですので今回、西村淳Jには気楽な気分で乗ってきてもらいつつ、デビュー戦で作ることが出来なかった見せ場のあるレースをお願いします。