焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

相変わらず手前は替え切れないも、馬群に入れて集中力を維持することができた前走では最後まで渋太く脚を繰り出す。横山武Jとのコンビ継続で更なる前進を期待したい。☆クレッセントムーン

f:id:yakifish:20201227083257j:plain
f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレーバー

日曜中山9R ベストウィッシュC(ダ1800m)8枠16番 横山武J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路コースで時計

高野師「23日に坂路で追い切りました。先週併せてしっかり負荷を掛けているので、今週は中山競馬場までの輸送に備えて終いだけサッと伸ばす程度に控えています。軽く促した程度でしたが、反応良く駆け上がってくれましたし、仕上がりに関しては非常に良いと思います。前走は僅差の3着と騎乗した横山武Jが上手く導いてくれましたが、欲を言えばもう少し良いポジションに取り付けることが出来ていれば、もっと際どい競馬になっていたかなと思います。それに左回りコースよりはましなものの、手前を替えてくれないところが、最後のもうひと伸びに影響しているので、その辺りが今回もカギになりますね。勝利まであと一歩足りないですが、うまく噛み合えば出番はあると思いますし、横山武Jも2度目の騎乗でこの馬の癖を掴んでくれていると思うので、良い競馬を期待したいですね」(12/24近況)

助 手 20栗坂良 58.6- 42.6- 27.9- 14.0 馬なり余力 レアリサンド(新馬馬なりと同入
助 手 23栗坂良 56.0- 39.9- 25.6- 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山8日目(12月27日)
9R ベストウィッシュC
ダ1800メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 定量 発走14:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マックスアン 牡4 57.0 北村宏司
1 2 リンガスビンゴ 牝5 55.0 内田博幸
2 3 サンレイファイト 牡4 57.0 和田竜二
2 4 コパノリッチマン 牡3 56.0 柴田大知
3 5 ルナエクリプス 牡3 56.0 石橋脩
3 6 キャノンバローズ セ4 57.0 浜中俊
4 7 タイキルークス 牡3 56.0 菊沢一樹
4 8 オンザウェイ 牡4 57.0 嘉藤貴行
5 9 キョウエイパラスト 牡3 56.0 戸崎圭太
5 10 チェリートリトン 牡6 57.0 小林凌大
6 11 リワードノルン 牝4 55.0 横山典弘
6 12 デストロイ 牡6 57.0 M.デムーロ
7 13 ウインドオブホープ セ7 57.0 勝浦正樹
7 14 グレンマクナス 牡6 57.0 大野拓弥
8 15 シークレットアイズ 牡4 57.0 C.ルメール
8 16 クレッセントムーン 牡4 57.0 横山武史

○高野師 「中間は更に上向いていますよ。続けて同じジョッキーが乗れることは強み。それに時計を要す中山のダートは合いそう。楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

使いたかった福島戦が場外確実の為、前走は仕方なく阪神・ダ1800mに回ってきたクレッセントムーン。正直、捨てレースかなと思っていましたが、全くのテン乗りで手綱を取ってくれた横山武Jが距離ロスを出来る限り避ける競馬に徹し、馬群の中に入れても、気持ちを切らさないように乗ってくれたおかけで最後の直線ではじわじわ脚を繰り出して3着を確保。

詰めが甘いといえば甘いのですが、ここ数走と比較すると最後まで力を出し切ってくれたと思います。あとは手前の替え方が上達してくれれば、最後の踏ん張り・粘りが違ってくるのでしょうが…。この点はなかなか改善されませんし、デビュー以来ずっとの課題でもあるので、個人的には諦めムードです。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。今後については回復次第でしたが、順調に来ていることから年内にもう1戦することに。今月10日の検疫で帰厩すると、再度横山武Jが乗れるように打ち合わせが行われ、ここを年内最終戦に選んできました。

中間の調整は1週前の坂路でビシッと。追走して遅れる形になりましたが、51秒9-12秒6の時計はクレッセントムーンとすれば上々。直前は輸送に備える形でサッと流した感じですが、高野師のコメントからも調子は良さそう。時計面で少し限界のある馬なので、冬場のダートは合っていますが、中山のダートは他場よりもタフ。また、大外枠に入ってしまったので、道中で外々を回らされる形になると最後の直線で脚が上がってしまいそう。ひとまず横山武Jは前走と同じような感覚で乗ってもらって、先週のシェダルのような隙のない立ち回りを見せて欲しいです。個人的には前走と同じ着順以内(3着まで)に来てくれたら、合格かなと考えています。