焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳・関東牝馬)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain グローリアスデイズの19(牝・中舘)父ドレフォン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から坂路コースのペースをハロン16秒まで上げていますが、まずまずの感じで駆け上がれていますね。ガツンとハミを取って行くタイプではないため、最初は少し戸惑いを見せていたものの、数本こなせばハロン16秒でも自らスッと動いて行けていました。背中の感触や動きからは素質の高さが伝わってきますし、今後が楽しみですね。馬体重こそ増えていないものの、馬体は一回り大きくなったように感じますし、ペースアップしたことで馬体も引き締まってきています。冬毛は出ているものの、張り・艶は良好ですし、相変わらず普段から落ち着いていて、馬房内でも全く余計なことをしないのには好感が持てます。気性が素直なので乗りやすさという面では特に言うことはありませんが、大型馬ということもあり現状では馬体を持て余し気味なので、このまま乗り込んで徐々に引き締めていければと考えています。馬体重は488キロです」(12/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain モシーンの19(牝・木村)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「適度にリフレッシュ期間を設けつつ、この中間も坂路調教を続けています。まだまだ心身共に成長の余地を残しているものの、余裕のある走りで楽々と時計を出せていますね。背中の感触も非常に良く、乗り手はこぞって『乗り味の良い馬だね』と言ってくれますから、これから鍛えていくのが楽しみですね。気性面は相変わらず敏感な面があり、難しさを感じますが、こちらも意識して丁寧に扱っているので大きなトラブル無く進められています。馬体は、体重が増えている通りふっくらと大きく見せていますし、成長痛もなく脚元は心配要りません。少しずつ寒くなってきていますが、飼い葉食いが落ちることなく順調そのものですので、このコンディションを維持して進めていきたいですね。馬体重は461キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グローリーデイズの19は父ドレフォンがどう出るかですが、母系は1本筋が入っているので、品の良さは魅力。競走馬としてのセンスも併せ持っていますが、真面目過ぎて一直線にならないように操縦性をしっかり保っていってくれればと思います。

遅生まれのモシーンの19はここにきて着実に馬体重が増えてきているのは好感。背中の良さを褒められているので将来性は高いと思います。ただ、相変わらず繊細さ・敏感さを覗かせているので、引き続き丁寧に接していってもらえればと思います。素質の芽を摘まないようにお願いします。