焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「先週から周回コースでの調教を開始していますが、脚元の状態が良好なことからこの中間は毎日乗っています。緩んだ体は引き締まってきましたし、それに伴い走りのバランスが安定してきましたね。もう少し走行時のフォームや息遣いなどを良化させて坂路調教へ入っていきます。馬体重は530キロです」(4/2近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1~2本、週4回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間も周回コース主体のメニューで進めてきましたが、先週課題として挙げた、走っている時のフォームや息遣いが良化したことから、坂路調教を開始しています。この馬本来の走りとまではいかないものの、手応えよくしっかりと終いまで動けていますので、順調に良化を遂げています。馬体重は528キロです」(4/9近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間からは、坂路と周回コースでの調教を隔日で行っています。全体的に負荷を高めましたが、心身共に良い状態を保てていますし、少しずつトモを使って走れるようになってきました。あとは、もう少しボディラインにメリハリが付いてくれると良いですね。馬体重は531キロです」(4/2近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「前週から調教メニューに大きく変化はありません。動きも特に変わったところはないものの、負荷を掛けた調教内容で進めていることで、馬体の張りや艶は一段と良くなってきました。この調子で継続的に乗り込んでいきます。馬体重は536キロです」(4/9近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「ここまでコンスタントに乗り込めており、気温も上がって汗をしっかり掻けていますから、この中間は体重を大幅に減らすことが出来ました。飼い葉食いも決して悪くないですし、非常に良い傾向ですね。引き続きこれくらいのペースで坂路調教を行っていきます。馬体重は530キロです」(4/2近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「依然として調教内容に変わりはありません。先週大幅に体重を絞ることが出来たとは言え、まだ少し体に余裕がありますので、幾らか動きにも重たさは残っています。ただ、明らかにこの一ヶ月で雰囲気は良くなりましたし、脚元含めて馬体に大きなトラブルはありません」」(4/9近況)

 f:id:yakifish:20200513
045835g:plain ヴァンタブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「引き続き15-15ペースでの坂路調教を続けています。トモを中心に筋肉が付いてきましたから、徐々に後ろを使えて走れるようになってきました。メンタル面も特に問題ありませんから、この調子で乗り込んでいきます。馬体重は549キロです」(4/2近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「脚元の状態が良好なことから、この中間は坂路の登坂回数を1日2本に増やしています。ペース自体は変わらないものの、負荷を高める形となりましたので、代謝が良くなり、毛艶が良化してきました。動きも悪くないですので、近々ペースアップを視野に入れています」(4/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは周回コースでフォームや息遣いを観察。順調に良くなっていることから坂路へ連れ出すように。疲れや反動は見受けられませんし、このまま順調に坂路入りする日数を増やしたり、ピッチを高めたりと進んでいってもらえればと思います。

この中間ペースアップはしていませんが、ボンディマンシュは坂路と周回コースを交互に乗り込み中。それにより馬体の張り・毛ヅヤは良化。上昇気流にはしっかり乗っているので、あとはどのタイミングで更に負荷を高めるかを見極めてもらえれば。

パラダイスリーフは淡々と与えられた調教メニューを消化中。春先を迎え、馬体重が絞れてきたのは○。ただ、動き自体はまだ重苦しさがありますし、本数を重ねて行かないとダメでしょう。まあ、今はマイペースを貫くのみです。

ヴァンタブラックは引き続き坂路調教とトレッドミルを交互に行っていますが、登坂回数を2本にして負荷をアップ。ひとまず無難に対応できていますし、良い意味で刺激になった様子。近々、ペースアップも考えているようなので、復帰へ向けての階段をドンドン駆け上がって欲しいです。