焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(今週末出走組・鞍上横山武J)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:18日に南Wコースで時計
・次走予定:3月7日の中山・総武S(横山武J)

栗田師「3月7日の中山・総武Sを目標に、先週末トレセンへ帰厩させていただきました。牧場でも順調に乗り込めていたようですので、18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はシェダルが6馬身追走していく形から、直線では内から馬なりで伸びて、オープン馬のマイネルハニーと馬体を並べて終えています。多少中身はまだ重たさを感じるものの、帰厩後1本目と思えば動きはまずまずでしょうし、相変わらず力強さがあって推進力のある走りをしていますね。この感じであれば、再来週のレースへ向けてしっかり仕上がるでしょう。なお、鞍上は引き続き武史(横山武史騎手)で臨む予定です」(2/18近況)

助 手 18南W良 70.9- 56.1- 41.4- 13.9 馬なり余力 マイネルハニー(古オープン)馬なりの内1.2秒追走同入

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Wコースで時計
・次走予定:3月7日の中山・総武S(横山武J)

栗田師「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はシェダルが6馬身先行する形から、直線では外から脚を伸ばすと、最後は少し遅れて終えています。相手が調教駆けする馬なので、遅れたことに対して心配は要りません。むしろ、今週の南Wコースの馬場が重たかった中で、これだけの時計を出せていますから、この馬なりには良い動きだったと思います。ただ、少し左トモの踏ん張りはいつもより弱いのかなと感じており、こちらは疲れを溜めないように気を付けていかないといけませんね。オープンではこうしたウィークポイントがあると簡単には勝たせてくれないでしょうし、しっかりケアをしてより良い状態で来週のレースへ臨みたいと思います」(2/25近況)

助 手 21南W良 70.6- 56.0- 42.3- 14.5 馬なり余力
助 手 24南W良 66.6- 52.7- 39.6- 14.6 強めに追う タイトルホルダー(三オープン)馬なりの外1.2秒先行0.4秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日に坂路コースで時計
・次走予定:3月6日の中山・上総S(横山武J)

高野師「17日に坂路で追い切りました。今週出走を予定しているブレーヴジャッカルと併せましたが、こちらはまだレースまで少し時間があるので、相手のペースに合わせて負荷を掛け過ぎないように行いました。最後まで余裕がありましたし、動き・反応ともに良かったですよ。短期放牧を挟んでフレッシュさが窺えますし、それに前走を勝ち上がった同じ舞台・騎手となれば期待せずにいられないですから、この調子でレースに向けて良い状態に仕上げていきたいですね」(2/17近況)

助 手 17栗坂重 54.3- 39.4- 25.7- 12.8 馬なり余力 ブレーヴジャッカル(三歳1勝)一杯と同入
助 手 21栗坂良 58.6- 42.3- 26.9- 12.8 馬なり余力 ハギノピリナ(三未勝)末強めと同入

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:24日に坂路コースで時計
・次走予定:3月6日の中山・上総S(横山武J)

高野師「24日に坂路で追い切りました。あまり攻め過ぎると疲労が溜まってレースに影響してしまう恐れがあるので、単走で終い重点で行いましたが、予定通りの時計でしたし、動き・反応ともに良かったですよ。馬の雰囲気を見ても活気に満ち溢れていますし、馬房でも穏やかに過ごしているので、それだけ体調の良い証拠だと思います。来週は中山競馬場までの輸送が控えていますし、疲労が残らない程度に時計を出して、万全の状態でレースに臨めるよう努めていきます」(2/24近況)

助 手 24栗坂良 54.0- 39.2- 25.3- 12.3 一杯に追う
助 手 28栗坂良 58.7- 42.3- 26.9- 12.9 馬なり余力 アウステルリッツ古馬1勝)馬なりを0.1秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先月帰厩し、横山武Jとのコンビで今週末の中山での出走を予定しているシェダルとクレッセントムーン。

シェダルは1週前追い切りにあたる24日のWコースでの併せ馬でラスト1ハロン14秒6と時計が掛かったのは意外。まあ、このひと追いで上向いてくれるでしょうが、良い頃と比べると左トモの踏ん張りが一息な様子。レースまで時間はありませんが、ひとまず最終追いでどんな動きを見せてくれるかを冷静に見守りたいです。

クレッセントムーンはレースへ向けて順調に坂路で時計を重ねていますが、1週前追い切りにあたる24日の追い切りは坂路で上がり重点でビシッと。オーバーワークを避ける意味で単走にしたようですが、状態面の良さは太鼓判を押せそうです。最終追いは中山への輸送が控えているので、24日の追い切り程度かそれより軽めの内容になるのかなと思いますが、今の良い精神状態を乱さないようにお願いしたいです。