焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計
・次走予定:5月9日の東京・ブリリアントステークス(L)・横山武J

栗田師「29日に南Wコースで併せ馬を消化しています。道中はシェダルが5馬身先行して、直線では外から力強いフットワークで伸びてくると、最後は古馬3勝クラスのアントリューズに少し遅れて終えています。先週長めからしっかり負荷を掛けましたので、今週は中身の部分がグンと良くなってきましたね。その点に関しては、恐らくプール調教の効果もあるのでしょう。また、前回よりもこの馬なりにトモを使えて走れているので、推進力がありつつ力強い脚捌きで終えることが出来ました。1週前追い切りとしては十分な内容だったと思いますし、来週のレースまで更に状態を上げていきたいですね。なお、鞍上は引き続き武史(横山武史騎手)に依頼しています」(4/29近況)

助 手 25美坂良 60.7- 44.7- 29.7- 15.0 馬なり余力
助 手 29南W稍 66.7- 52.2- 38.7- 12.3 強めに追う アントリューズ(古馬3勝)馬なりの外1.0秒先行0.1秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ディランズソング

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計
・次走予定:5月16日の新潟・ダ1200m

萩原師「28日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はディランズソングが先行して、差を詰められたものの最後は1馬身ほど先着する形でゴールしています。スプリンターらしいと言えばそうなのですが、馬体にはまだ余分な肉が付いてしまっていて、少し余裕のある体付きに映りますね。コンスタントに坂路コースに入れてシェイプアップを図るようにしていますが、もう少し動きにもシャープさが出て来て欲しいところです。それでも、しっかりと先着できたように、脚取り自体は力強くて悪い動きではなかったですし、第2回新潟開催2週目に組まれているダ1200m戦には間に合わすことが出来そうです」(4/29近況)

助 手 23美坂良 57.3- 42.7- 28.5- 14.7 馬なり余力
助 手 24美坂良 62.3- 46.2- 30.2- 14.8 馬なり余力
助 手 25美坂良 55.1- 39.8- 26.0- 13.1 馬なり余力 スティングレイ(古馬1勝)馬なりを0.3秒追走同入
助 手 28美坂良 55.0- 39.8- 26.1- 13.3 馬なり余力 スティングレイ(古馬1勝)末強めに0.4秒先行0.2秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計
・次走予定:5月16日の新潟・弥彦S(坂井瑠J)

田中克師「帰厩した後も問題なく、28日から本格的に仕上げに入りました。前半は折り合いに専念し、終いの反応を確認する程度でしたが、促して行くとスッと加速してくれましたし、最後まで余裕を持って駆け上がってくれました。前回入厩して最初に強めに時計を出した時よりもよく動けていますし、馬の雰囲気はとても良いですよ。体の緩さは前回ほど気にならないですし、一度使った上積みが感じられます。この調子で再来週の競馬に向けて良い状態に仕上げていければと思っています。なお、鞍上は騎乗経験が豊富な坂井瑠星騎手に依頼しています」(4/28近況)

助 手 25栗坂良 63.9- 45.5- 29.4- 14.2 馬なり余力
助 手 27栗坂良 61.5- 44.2- 28.8- 14.2 馬なり余力
助 手 28栗坂良 56.1- 39.6- 26.2- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シェダルは今週末の東京・ブリリアントSを引き続き横山武Jとのコンビで臨むことに。29日の追い切りは大きく先行して遅れてしまいましたが、相手が走り過ぎただけですし、時計自体は上々の部類。強めに追われたことでここからグンと上がってくれるでしょう。この中間から取り組んでいるプール調教もプラスに出ているのは良かったです。

ディランズソングは2回新潟での出走を目指し、調整を進めていますが、16日のダ11200mへ向かうことが正式に決定。追い切りでビシビシやれないのは悩ましいですが、その分、丹念に時計を出すことで負荷を補ってもらえればと思います。ただ、体型的に腹構えが立派な馬ですが、全体的にまだ無駄肉に覆われているので、少しでもシェイプアップしてレースへ臨んでもらわないといけません。

ナイトバナレットは徐々に追い切りの負荷を高めている状況ですが、動き自体は前回よりも素軽くて良さそう。暖かくなったことで少しずつでも馬体が絞れて来ているのかな?  また、次走は予定を早めることなく、やはり16日の新潟・弥彦Sへ。そして鞍上は坂井瑠Jに決まりました。このことは良かったです。今の馬場が傷んだ新潟の芝コースは合うと思うので、末脚勝負に徹し、悪くても前走(6着)以上の結果を残してもらいたいです。