焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルク&ロードお馬さん(7歳上牡馬・重賞勝ち馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モンドインテロ

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月5日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後は坂路コースのペースを少しずつ強めており、週2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも右前脚の状態には良い意味で変わりがありませんし、手塚調教師とは予定通りステイヤーズSに向けて進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は500キロです」(10/30近況)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクエスト

10月29日(木)良の美浦ウッドチップコースで5ハロン72.0-56.8-42.8-14.1 8分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。11月15日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mに西村淳Jで予定しています。

○小島調教師 「10月29日(木)は来週の重賞に使う予定のパートナーに胸を貸しました。最後に相手を待って2ハロンのタイムが遅くなったものの、4分程度の力で鼻歌を唄いながら駆けているような感覚。ウッドでも坂路の時と同じテンポでリズム良く動いています」

≪調教時計≫
20.10.29 調教師 美南W良 72.0 56.8 42.8 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

京都大賞典をひと叩きし、現在はNF天栄で調整中のモンドインテロ。時間が経過して脚元に疲れ・ダメージが出ることを懸念しましたが、今のところは大丈夫。そして牧場サイドと手塚師で話し合われた結果、来月5日の中山・ステイヤーズSでの連覇を目指すこととなりました。おそらく11月中旬頃には帰厩することになると思うので、現状のメニューを維持してもらい声が掛かるのを待ってもらいたいです。

ロードクエストは丹念に時計を出していますが、中身は軽めのモノばかり。強い負荷を掛けるというよりは引き続き走りのバランスと折り合いを重視し、中距離仕様に馬を作っていっているでしょうねえ。この取り組みによって、レースでの追走に力みが取れ、操縦性が高まることに繋がっていって欲しいです。