焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(牡+セン馬・栗東トレセン組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日にCWコースで時計
・次走予定:10月31日の京都・古都S(団野J)

斉藤崇師「21日の追い切りでは、先行し直線でクロノジェネシスと併せましたが、ほぼ同入に近い形でゴールしています。先週の追い切りと比較しても反応が良くなり、この馬なりにしっかり動けていましたし、息づかいも問題ないので、レース1週前としては順調に仕上がってきています。運動後は四肢とも浮腫みやすいですが、翌日にはスッキリしていますし、年齢から代謝が落ちてのものですから、心配しないで良いでしょう。次走は大成(団野大成騎手)に乗ってもらうことにしましたが、普段の調教でも騎乗していることもありますし、これまでのレース内容も分かっているので、それを踏まえて騎乗するよう伝えています」(10/21近況)

助 手 18CW重 88.7- 72.2- 56.8- 41.4- 13.1 馬なり余力 ディクテイター(二未勝)馬なりの外0.3秒先行同入
助 手 21CW良 85.1- 67.5- 52.1- 38.6- 12. 2 G前仕掛け ステラリア(二未勝)馬なりの外0.4秒先行アタマ遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで時計
・次走予定:10月31日の東京・キタサンブラック

担当助手「帰厩した後も順調に調教が進められていましたので、21日に坂路で時計を出しました。相手のペースに合わせたこともありますし、それに馬場がかなり走りづらかったので時計としては平凡ですが、最後まで楽に走っていたので、やればもっと動いていたと思います。体にまだ余裕が感じられますが、来週は東京までの輸送が控えていますし、使いつつ良くなってくる馬ですから、その後を考慮すると多少余裕があるぐらいで出走させる方が良いかなと思っています」(10/21近況)

助 手 16栗坂良 53.5- 38.5- 25.0- 12.6 強めに追う
助 手 21栗坂良 53.9- 39.1- 25.9- 13.2 馬なり余力 タイセイモンストル古馬1勝)叩一杯に0.1秒先行同入

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで時計
・次走予定:11月14日の阪神・京都ジャンプS(J・G3)・西谷J

荒川師「22日にCWコースで追い切りました。引き続きレースに騎乗してもらうことになった西谷誠騎手に感触を確かめてもらいましたが、馬場が悪い中でも最後までしっかり伸びていました。本格的な時計は1本目ですが、息づかい・反応ともに良かったですから、この調子で本数を重ねて行けば更に良くなってくるでしょう。障害飛越は問題ないので、ある程度体が動けるようになってから練習を始めて行く方向です。予定しているレースに昨年最優秀障害馬のオジュウチョウサンが出走を予定しているようですが、どちらにしても中山大障害で一緒に走ることになるでしょうから、あまり意識せずにこの馬の状態に合わせて仕上げて行きたいと思います」(10/22近況)

助 手 18CW重 54.1- 39.8- 12.3 馬なり余力
西 谷 22CW良 81.9- 67.4- 53.5- 39.7- 12. 5 叩き一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは今週末の京都・古都Sを予定していますが、休みが少し長かった影響があるようで良化途上の印象。気持ちの面でのんびりし過ぎなのかな?と想像します。時計の掛かる馬場はプラスなので、展開次第では1発あっても不思議ではないと思うだけに、あと1週間でどこまで状態を押し上げることが出来るか。また、次走の鞍上は所属の団野Jに決定。相性の良かった坂井瑠Jとのコンビ再結成を少し待ち臨んだのですが、癖は知り尽した騎手。早め抜け出しからの粘り込むのが必勝パターンなので、とにかく自分の競馬を徹底してもらいたいです。

今週末の東京・キタサンブラックメM(メモリアル)で3勝クラス・デビューをするナイトバナレット。日曜日にも強めの負荷を掛けているように現状は太目が残っているようで、この馬とすれば地味な時計。現状では辛い昇級戦が待っていることになりそうですが、まあ、力差を知ることが次に繋がると思います。

来月14日の京都ジャンプSでの復帰を予定しているブライトクォーツ。障害練習は体力が整ってくるまで遠慮する方針ながら、週2回の追い切りを消化。22日の追い切りでは次走の鞍上も務めることになった西谷Jを背にCWコースでビシッと追われ、マズマズの時計をマークするなどひとまず順調に来ています。いきなりオジュウチョウサンとの対戦は厳しいですが、目標は次なので、良いイメージで暮れの中山大障害へ臨めるように試すべきことはしっかり済まして欲しいです。