焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西牡馬・今週末出走予定組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで時計
・次走予定:5月23日の東京・フリーウェイS(福永J)

須貝師「先週の追い切りと同様に、12日も単走で気持ちが入り過ぎないように心掛けて時計を出しました。馬なりのままでも全体は52.7秒で楽に駆け上がってくるのですから、動きに関して申し分ないですよ。馬の雰囲気を見ている限り、先週よりテンションが高くなることもなく、この馬なりに落ち着いています。レース当日までいかに今の雰囲気を保ちながら進めていけるかがカギになってくるので、今後も気持ちが先走らないよう気を配りながら、態勢を整えていければと思っています」(5/13近況)

助 手 9CW良 57.7- 41.1- 14.1 馬なり余力
助 手 12栗坂良 52.7- 38.5- 25.1- 12.4 馬なり余力
助 手 15CW良 52.6- 36.7- 11.7 直強め追う

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にCWコースで時計
・次走予定:5月22日の中京・メルボルントロフィー(C.ルメールJ)

杉山晴師「レースまでにC.ルメール騎手に感触を確かめてもらおうと思い、13日の追い切りに騎乗してもらいました。道中は追走し、最後の直線で古馬2勝クラスの内側に併せて行きましたが、馬なりのまま最後は少し抜け出して先着しています。調教後にジョッキーにどうだったか確認したところ、『道中はムキになることもなく、落ち着いて雰囲気が良かったですね。最後は反応だけ確認しましたが、スッと加速してとても良い動きでしたよ』とコメントがあり、ジョッキーから“何勝クラス?”と聞かれて1勝クラスと答えると、“大丈夫!”と笑顔で返事が返ってきました。良い手応えを掴んでくれたと思いますし、この調子で来週の競馬に備えていければと思っています」(5/13近況)

助 手 9栗坂良 58.5- 41.5- 26.8- 13.3 馬なり余力
ルメー 13CW稍 82.5- 67.1- 52.8- 39.1- 11.8 馬なり余力 ロゼキルシュ(古馬2勝)馬なりの内を0.7秒追走4F併アタマ先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで時計
・次走予定:5月22日の中京・ダ1200m(団野J)

池添学調教師「12日に坂路で追い切りました。先週の調教ではハミをさらって体が伸びてしまっていたので、その点に気を付けて道中は運んでいくように伝えていましたが、まずまず良いところで抱えることが出来ていましたし、最後の伸び脚も良かったですね。ただ、左側の口がきつく、コントロールが難しかったようなので、ハミをリングに替えてレースに臨むつもりです。レース1週前としては順調に仕上がってきているので、引き続き普段から良いところで抱えられるようフォーム修正していきたいと思います」(5/14近況)

助 手 9栗坂良 59.1- 42.7- 27.9- 13.6 馬なり余力
助 手 12栗坂良 53.5- 39.0- 25.4- 12.7 一杯に追う
助 手 16CW重 57.1- 42.0- 12.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

脚力に関しては3勝クラスでも十分通用するものがあるリアンティサージュ。攻めは動く馬らしく、この中間も好時計をマーク。状態は何ら不安はありません。ただ、テンションの上がりやすい馬なので、今回は東京への長距離輸送を克服できるかどうかが1つ鍵に。おそらく最終追いはサラッと済ませると思うので、その時点では十分な落ち着きを保っていて欲しいです。

アリーヴォは1週前追い切りを木曜に行うことで、C.ルメールJに事前に感触を掴んでもらったのは何より。動きに関しても、ムキになって追走することなく、指示にサッと応えることが出来ているのは好印象。暖かくなってきてからの充実度は頼もしいですし、まだまだ良くなってくれることを願っています。

イルデレーヴは着実に調教・追い切りメニューをこなしている印象ですが、ちょっと口向きの難しい面を覗かせています。ハミを噛んでしまうと、最後はダラッとした脚になってしまうでしょうし、気分良く追走してもダメ。テン乗りだと難しいところがあると思うので、都合が付くなら最終追いには団野Jに跨ってもらい、癖を掴んでもらいたいです。