焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

12日に栗東・四位厩舎へ帰厩しています。☆ヴィースバーデン


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン(牝・四位)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2021.05.12
5月12日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○四位調教師 「乗り込みが進んでいた様子。5月12日(水)にトレセンへ連れて来ました。実際に本馬へ触れるのは今回が初めて。特徴の把握に努めながら、また上手く走れるように・・・。頑張りたいですね」

2021.05.11
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはトレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター1400mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。5月12日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。5月5日(水)測定の馬体重は462キロ。

○当地スタッフ 「5月5日(水)に5ハロン70秒3、終い13秒1のタイムを記録。前回より良い感触だったとは言え、調教強度を更に高めた際には再び止めそうな気配も同時に漂っています。11日(火)の夜に移動する段取り。向こうでも頑張って欲しいです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末に腹痛(セン痛)を起こし、美浦トレセン診療所へ入院する事態になったヴィースバーデン。一時期は最悪のケースが頭を過ぎりましたが、それは回避するも、完全に休ませていたので出走態勢が整うとなると、夏競馬ぐらいかなと思っていましたが、トレッドミルという施設はホント有能でじわじわ負荷を高めることが出来ると、ヴィースバーデンにも活気・前向きさが戻ってきてくれました。3月中旬から人を乗せ始めましたが、そこからは上昇曲線を描いてくれました。そして12日の検疫で栗東・四位厩舎へ帰厩しています。

ヴィースバーデンにとって、栗東トレセンは慣れたものでしょうが、転厩先の四位厩舎は初めての環境。周囲に敏感であったり、気分を損ねやすい馬なので、まずは丁寧に慣れさせてもらえればと思います。状態自体は悪くないと思いますが、走ることに関しては集中力の維持が続くかどうか。前走ではチークピーシズとクロス鼻革を用いましたが、個人的には迷うことなく次走からブリンカー装着でお願いしたいです。距離は1400mがベストかなと思いますが、新味を引き出す意味で芝1200mにチャレンジしてもらいたいです。