焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはトレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター1400mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「4月13日(火)に15-15を交える形。また、16日(金)にも同等のスピードで走らせました。反動は生じていないものの、1頭だった後者はフワフワして集中し切れなかった模様。その点を踏まえ、次は併せ馬のパターンで臨もうと思います」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先日、2度目のショックウェーブ治療を実施。どうしても本数を積んで行くと、背腰にダメージが残る感じです。効果は得られており、徐々に動きも良化。遠からずにトレセンへ向かう見込みだけに、このまま同様の内容を繰り返しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンはこの中間にハロン15秒の調教を2本消化。疲れや反動は出ていませんが、単走で行った時は集中力の維持が難しかった様子。今後は併せ馬を行いつつ、体調アップ+動きの質の向上を目指していって欲しいです。

フライングバレルは帰厩を意識した調教に入っている分、背腰に疲れが蓄積してしまいますが、ショックウェーブ治療等でケアを行っています。遅くても4月中には厩舎すると思うので、帰厩後、スムーズに追い切りへ移行できるように状態を整えておいて欲しいです。