焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3月31日にCWコースで時計
・次走予定:4月10日の新潟・ひめさゆり賞(吉田隼J)

杉山晴師「帰厩後も問題なく進められていましたので、3月31日にCWコースで長めから時計を出しました。藤懸騎手に調教を手伝ってもらったところ、『これまでと比較はできないですが、道中は気分よく走っていましたし、促していくと長く良い脚を使ってくれました。平坦で直線の長い新潟のコースはいかにも合いそうですよ』と絶賛していました。最後は馬なりのまま12秒を切ってくるぐらいですから、レースを経験する毎に動けるようになっていますね。精神面も落ち着いて良い雰囲気を保っていますので、この調子で来週の競馬に備えて態勢を整えていきたいと思います」(4/1近況)

藤 懸 31CW良 84.6- 68.0- 52.3- 37.7- 11.9 馬なり余力 ダディーズトリップ(古馬2勝)末強めの内0.5秒追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3月31日に南Wコースで時計
・次走予定:4月17日の新潟・雪うさぎ賞

池上師「先週こちらに帰厩させていただいた後も体調面に問題はなく、3月31日には南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後初時計になりますので、単走で無理しない程度にサッと脚を伸ばしています。まだレースまで時間はありますし、今回は負荷を掛けるというよりはリズム良く走ることに重点を置いて進めましたが、良い意味でこれまでと変わりない動きを見せてくれましたね。馬体重は450キロですが、今回は新潟競馬場までの輸送をこなさないといけないことを考えると、もう少しフックラしていても良いのかなと感じています。ただ、ここまで全体的に大きな問題はないので、この感じを維持しながら調整を進めていきたいと思います」(4/1近況)

助 手 31南W良 54.5- 39.2- 12.1 馬なり余力
助 手 4美坂良 59.5- 42.1- 27.5- 13.9 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3月31日に坂路コースで時計
・次走予定:4月17日の阪神・アーリントンC(G3)・福永J

担当助手「3月31日の追い切りでは追走し、途中から3歳未勝利馬に併せて行きましたが、最後はやや遅れたものの、強め1本目としてはまずまずの動きだったかなと思います。ただ、シンザン記念を勝った時と比較すると、まだトモの緩さが感じられますし、弾けるほどではないので、その辺りはもう少し時間を掛けて良化していく必要がありますね。でも、気持ちに余裕があるのは良いことですし、この調子で再来週のレースに向けて更に調子を上向かせていきたいと思います」(4/1近況)

助 手 28栗坂良 61.2- 44.0- 28.8- 14.4 馬なり余力
助 手 31栗坂良 52.8- 38.9- 25.4- 12.7 馬なり余力 レッドレジェーラ(三未勝)馬なりを0.8秒追走0.2秒遅れ
助 手 4栗坂良 61.6- 43.7- 28.5- 14.4 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3月31日に南Wコースで時計
・次走予定:4月10日の中山・ニュージーランドトロフィー(G2)・横山武J

手塚師「3月31日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して行く形で進め、直線では内に進路を取って脚を伸ばして、最後は同入しています。1週前追い切りになりますし、大きく離れた後ろから追走して、しっかりと負荷を掛ける調教を課しましたが、ゴールまで軽快なフットワークで走れていましたね。自らハミを取ってグイグイと推進力のある動きを見せてくれましたし、調教後の息の感じにも問題はありませんよ。この感じなら来週はサッと脚を伸ばすくらいで態勢は整うと思いますし、調教での前向きな動きからはマイルへの距離短縮はきっとプラスに働くでしょうから、来週の競馬が楽しみですよ」(4/1近況)

助 手 28美坂良 58.0- 42.9- 28.0- 13.7 馬なり余力
嶋 田 31南W良 67.4- 51.8- 38.3- 12.6 G前仕掛け ウインザナドゥ(三未勝)強めの内1.3秒追走同入
助 手 4美坂良 59.3- 44.0- 29.0- 14.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アリーヴォは今週末のレースを予定していますが、1週前追い切りにあたる31日の追い切りは体重の軽い藤懸Jが騎乗して併せ馬を消化。脚色と手応えは古馬を圧倒と上々の動き。気性も勝ったところがあるので、来週のひと追いで仕上がると思います。現状、パワーに欠けるところがあるので、直線平坦なコースは絶対合う筈。ただ、距離の2000mはやや微妙なところなので、引き続き騎乗してくれる吉田隼Jには前走以上に末脚を引き出すことを意識して乗ってもらえればと思います。

カラパタールは時計を出し始めていますが、動き自体は良さそう。馬体はもう少しフックラ見せた方が良いと思いますが、今後、更に調教・追い切りを重ねて行った際に精神的にピリピリしてこないように注意をお願いします。

ピクシーナイトも順調に時計を出していますが、31日の追い切りは前を交わし切れずにやや失速。まあ、馬なりでこれぐらいの時計を出せれば上々ですし、相手を褒めてあげるべきでしょう。あと、少しピリッとした感じが足りないようですが、アーリントンCの後は在厩調整でNHKマイルCへ向かうと思うので、そこを見据えているからでしょう。今後も徐々に負荷を高めていって、ピクシーナイトの闘争心を呼び戻してもらえればと思います。

ドゥラモンドは今週末の中山・ニュージーランドトロフィーへの出走を予定。1週前追い切りは3頭併せでドゥラモンドが後方から追い上げて直線で内へ併せる形となりましたが、最後は仕掛け気味とはいえ追走同入。時計も上々と言えるでしょう。放牧を挟む毎に力強さ・逞しさが出てきている分、距離に関しては本質が出てきていると思うので、前走はノーカウントで良いのかなと思います。マイルへ戻るのは間違いなく良いですし、時計の掛かる馬場も味方してくれる筈。何とかここで3着以内に入り、NHKマイルCへの出走優先権を掴み取ってもらいたいです。