焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳牡馬・トレセン組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第1回東京開催
・調教内容:27日に坂路コースで時計

加藤征師「27日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアンダープロットが2馬身追走する形から、直線では内目から脚を伸ばすと、最後は馬なりのまま同入に持ち込んでいます。チップはやや重たかったはずですが、この馬の脚取りは非常に良かったですし、余力たっぷりのまま終えました。ゴールを過ぎた後もまだまだ伸びていくような感じで、成長して力を付けているのは勿論あるのでしょうが、それ以上に状態も良いのでしょう。共同通信杯、もしくはフリージア賞どちらへ向かっても申し分ないデキで送り出せるよう努めていきます」(1/27近況)

助 手 27南W稍 67.1- 52.4- 39.0- 12.7 馬なり余力 オセアダイナスティ(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に南Wコースで時計
・次走予定:2月7日の中京・きさらぎ賞(G3)・岩田望J

手塚師「27日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが先行して、直線では外に進路を取って行き、最後は同入しています。レース1週前になりますし、もう少ししっかりと負荷を掛けたかったのですが、相手が思ったよりも動かなかったので、想定よりも時計が遅くなってしまいましたね。それでも、フットワークには最後まで余裕があって良い動きだったと思いますし、今回足りなかった分はこれからの調整で上手くカバーしておきたいと思います。ゲートについては駐立の確認を行っていますが、練習ではこの馬なりに我慢してくれています。あとは、近2走よりも2ハロン距離延長になるのに加えて、中京競馬場も開催が進んで力の要る馬場状態になってきていますから、それに負けない体力を付けられるように調整していきたいですね」(1/28近況)

助 手 24美坂重 57.7- 43.1- 28.0- 13.9 馬なり余力
助 手 27南W稍 69.5- 54.9- 40.2- 13.2 馬なり余力 エクランドール(新馬)一杯の外0.4秒先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで時計
・次走予定:2月13日の阪神・ダ1200m、もしくは2月14日の阪神・ダ1400m

西園師「27日にCWコースで追い切りました。最後の直線で古馬3勝クラスのタガノビューティーと併せたところ、最後はクビ差遅れたものの、ゴール寸前まで食らいつく根性を見せていましたよ。内を走っていたとはいえ、不良の力がいる馬場だったことを考えるとよく伸びてくれたと思います。帰厩して最初の追い切りだったことを考えると、反応・動きともに良かったと思いますし、本数を積み重ねて行けば更に素軽さが増してくるでしょう。第1回阪神開催の1週目を目標に置いているので、そこに向けて態勢を整えて行ければと思っています」(1/28近況)

助 手 27CW不 85.1- 68.9- 53.7- 39.8- 12.4 強めに追う タガノビューティー古馬3勝)直強めの内クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンダープロットの次走は両睨みが続きますが、加藤征師は重賞へチャレンジしたい気持ちが強いのかなと思います。27日の追い切りでは僚馬を追走して内へ併せる形。馬の行く気に任せてサラッと追われていますが、パワフルな動きを見せてくれている様子。そして寒い時季が合うようで体調も凄く良さそうです。相手は一気に強化されますが、この状態なら重賞へチャレンジしてみるのも面白いかなと思い始めています。

ドゥラモンドは来週に行われる中京・きさらぎ賞へ向け、27日に併せ馬を消化。併せた相手はフィエールマンの全妹という血統馬ですが、細身でWコースでは正直地味な動き。相手に胸を貸すだけの調教になって、ドゥラモンド自身の負荷は少し軽くなってしまいました。動き自体は余力十分で悪くはありませんが。力の要る馬場は合いそうなイメージを持っています。

22日に栗東へ戻ってきたロコポルティは1回阪神開催の開幕週でのレースを予定。今のところ両睨み状態ですが、個人的にはダ1200mの方を使って欲しいです。27日の追い切りでは土曜の銀蹄Sを差し切ったタガノビューティーとの併せ馬。さすがに最後は遅れてしまいましたが、食い下がったことを大いに評価。前走では追い切りで動かなくなってきたことを少し懸念しましたが、リフレッシュが叶った今回は前向きさが出てきているのかな? スピードは良いモノがあると思うので、気持ちと体が噛み合ってくれれば未勝利はすぐに勝てる馬です。