焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

見た目の立派さとは裏腹に内面に弱さを残しているも、動きは水準以上。操縦性の高さから距離の融通は利くと思うも、本質的にはダ1400mぐらいが良さそう。それ故、スタミナを問われることになると詰めの甘さを覗かせるかも。☆ロコポルティ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

土曜中京4R メイクデビュー中京 2歳新馬(ダ1800m)4枠4番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日に坂路コースで時計

西園師「16日の追い切りでは、ダメージが残らないようラスト1ハロンだけしっかり伸ばしておきましたが、古馬2勝クラスの相手に対して先着してくれました。2週続けて古馬に引けを取らない動きを見せているように、仕上がりとしては自信を持ってレースに臨めそうです。距離に関しては未知なところがありますが、体付きを見る限り、短距離馬という感じではないですし、新馬戦のペースなら1800mでも対応してくれると思います。ここまで姉のサルトアトランテのような気難しい面は見せなかったですし、従順で素直な性格ですから、実戦に行っても力を発揮してくれると思いますので、初戦から良い走りを期待しています」(9/17近況)

助 手 11栗E重 14.3 ゲートなり
助 手 16栗坂良 54.7- 38.5- 24.8- 12.2 一杯に追う モダスオペランディ(古馬2勝)一杯に0.1秒先行0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中京3日目(09月19日)
4R メイクデビュー中京 2歳新馬
ダ1800メートル 指定 馬齢 発走11:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カズアティシャ 牡2 53.0 斎藤新
2 2 オペラムーン 牝2 54.0 古川吉洋
3 3 タイセイアゲイン 牡2 54.0 福永祐一
4 4 ロコポルティ 牡2 54.0 川田将雅
5 5 メイショウミツヒデ 牡2 54.0 和田竜二
6 6 エーティーゴーオー 牡2 53.0 富田暁
7 7 メイショウキリモン 牡2 53.0 団野大成
7 8 マケルナマサムネ 牡2 54.0 藤岡佑介
8 9 ライム 牡2 54.0 国分優作
8 10 タガノタイリン 牝2 54.0 国分恭介

○西園師 「攻めで格上相手に互角以上の動きをしている。真面目に走るし、血統的にダートも合っている。ゲートも速いので楽しみだね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

 母サダムグランジュテは5勝を挙げた活躍馬。仔出しは良いのですが、今のところ仔馬の活躍は目立っていません。そんな中、4番仔にあたるロコポルティは1月生まれということもあって、募集時からまとまりのある好馬体。父にヘニーヒューズを迎えたことでダート色が強まったのは合っていると思いますし、そろそろ走り頃かなと思って出資しました。

育成時のロコポルティですが、概ね順調に乗り進めることが出来、ダート馬らしい頑健さを備えることに成功。その一方、毛ヅヤが一息であったり、北海道からの輸送で熱発したりと内面の弱さもチラチラと。それが脚元の不安には繋がっていないのですが、見た目の立派なのですが内面は芯が入っていないと裏腹なところがあります。

それでも5月末には入厩してきたロコポルティは約1週間でゲート試験に合格。育成時から目立っていることですが、人に対して従順で操縦性の高さがこの馬の長所。競走馬としてのセンスの良さも窺えます。

ゲート試験合格後はNFしがらきで再教育。動きの質を高めると共に、ロコポルティの弱点と言える内面の強化に努めてきました。体温の上昇があって楽をさせた時期はありましたが、回復後は暑さにクタッとすることなく、コツコツ乗り込むことは出来ました。そして8月末に再度栗東へとやってきました。

帰厩後はここを目標に丹念な乗り込み。ダートで活躍している厩舎の先輩・タガノビューティーに2週連続で胸を貸してもらいCWコースで併せ馬を消化。時計は強調できるものではなかったですが、格上馬に臆することなく食らい付く姿勢は立派。最終追いとなる16日の追い切りは坂路で上がり重点でやられましたが、先行していたといえ最後まで抜かさせずに先着。キレのある動きを見せてくれています。

相手関係ですが、10頭と頭数が落ち着いたのは歓迎。ただ、1番のライバルになってくるメイショウミツヒデは1ヶ月以上前から時計を出し、ひと追い毎に動きは上昇中。和田Jが熱心に稽古を付けています。仮にマッチレースとなった時、最後は相手の乗り込み量が優位に働きそう。あと動きの良いマケルナマサムネ・血統馬のタイセイアゲインも侮れません。

ロコポルティは操縦性の高さから距離への融通性はありそうですが、血統からはダ1800mというよりはダ1400m向き。緩い流れからの瞬発力勝負なら悪くないと思いますが、淀みなく流れてスタミナが問われることになると詰めの甘さを覗かせそう。恥ずかしい競馬にはならないと思いますが、勝ち切るイメージはそこまで沸いてきていません。まずは気性面で変な癖を見せず、スッとレースの流れに乗ってもらい、最後まで勝ち負けの争いに加わる。そういうレースを見せてくれれば、デビュー戦とすれば合格かなと見ています。