焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

距離短縮でも楽に先行できると思い込んでいたも、芝スタートで行き脚が付かなかったのは誤算。中団からの競馬を強いられ、道中の行きっぷり・手応えは良くなかったも、直線では諦めることなくジリジリ脚を伸ばして3着を死守。褒められた結果ではありませんが、レースの幅は広がったと思う。★ロコポルティ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

日曜阪神1R 2歳未勝利(ダ1400m)3着(3番人気) 北村友J

互角のスタートから無理せず中団を追走します。3コーナー手前から徐々に押し上げて行き、最後の直線で追われますが、ジリジリ脚を伸ばすも上位馬を捉え切るところまで行かず、3着に上がったところでゴールしています。

西園調教師「体が絞れて馬の雰囲気は良かったですし、上積みからこの条件で良い走りをしてくれないかと期待していました。ただ、互角にゲートを出たものの、芝スタートだともう一つスッと二の脚が付かなかったですね。レース後、北村友一騎手に聞いたところ、『この距離でも楽に良いポジションに取り付けられると思っていましたが、芝スタートだとビュッと加速していくほどではありませんでした。でも、ダートに替わってからはスッと押し上げて行くことが出来ましたし、上位馬には及ばなかったものの、最後までジリジリ伸びてくれました。現状では、ダートスタートの1200mの方がレースはし易いように思います』と話していました。慣れていけばもう少し対応してくれるかもしれませんが、現状はダートスタートの条件を使っていく方が良さそうですね。この後は馬の状態を確かめてからになりますが、翌年は開催が中京競馬場に替わり、初戦のこともありますので、阪神開催が始まるまで一旦放牧に出して鍛え直してもらう方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/25日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

西園師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでしたが、予定通り25日に放牧へ出そうと思います。この2走は最後まで真っすぐ走っているのでもう心配ないと思いますが、初戦のこともありますし、中京競馬場で走らせるのはもう少し経験を積んでからの方が良いでしょう。次走の予定は牧場で状態を確認しながら考えていきたいと思いますが、問題なければ翌年の第1回阪神開催を目標に帰厩させたいと考えています」(12/23近況)

⇒⇒25日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(25日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の走りから距離短縮は間違いなくプラスに出ると見ていたロコポルティ。ただ、デビュー時は坂路でキレのある動きを見せていたと思うのですが、全体時計&上がり1ハロンの時計が平凡。時計の掛かる馬場で追っていたとしても不安に思っていました。鞭を入れられるのがやや苦手な馬なのかもしれません。

パドックに登場したロコポルティの馬体重はマイナス10キロ。数字以上に引き締まって見て、『これならやれるかも!?』と期待値はアップ。デビューから2戦、スタートは良かったので、楽に先行できるものと思っていたのですが…。

誤算だったのが芝スタートで行き脚が付かなかった点。やや上へ伸びるような感じで出てしまい、内外から寄られたことで進路が塞がってしまいました。

予想だにしていなかった中団からの競馬になったことで、馬群で揉まれ、砂を被る展開に。デビュー戦でラチにぶつかるといった幼さを覗かせていただけに、嫌気を差して自分からレースを止めてしまうことを覚悟しましたが、この点は回避。勝負どころからは徐々に外目に進路を持ち出しますが、4角手前で外から蓋をされる形になって追い出しを待たされることに。結果的に上位に来た2頭が外から突き抜けていくのですが、それらをやり過ごしてから追い出しを開始。そこからジリジリという感じで脚を伸ばし、1番人気だったヒヤを交わして3着へ。上位2頭とは差があり、走破時計は平凡に終わりましたが、馬群で揉まれてもそれなりに頑張れたことは評価。レースの幅は広がったと言えるでしょう。

レース後のロコポルティですが、目立った疲れはないも、次開催が中京ということで、デビュー戦の出来事を考慮して出走を見合わして一息入れることに。先月25日にNFしがらきへ放牧に出ています。

1月の早生まれですが、ロコポルティは気性面で幼さを残しているので、そこが解消されることで伸びシロは見込める筈。次走はダート地点からのスタートとなる1200mへ出走することになるようなので、距離が更に短縮されても楽に追走できるようにNFしがらきで準備をしておいて欲しいです。