焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

帰厩後の追い切りでは格上に食い下がる動きを披露し、10日の坂路追いではテンからビシッとやって、ラスト1ハロンは12秒6。立て直した効果は十分。前走から更に1ハロン短縮となるも、ダートからのスタートで行き脚は付くと思いますし、集中力を維持する上でもプラスに働く筈。馬っぷりの良さから素質は秘めているので、そろそろ本領発揮と行きたいです。☆ロコポルティ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

土曜阪神2R 3歳未勝利(ダ1200m)2枠3番 和田竜J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計

西園師「先週、先々週と2週続けてCWコースで長めからしっかり時計を出しているので、10日の追い切りは単走で時計を出しました。1頭でも周りを気にすることなく、集中して走っていますし、集中力を欠くことはありません。初戦の行き脚と比べ、前走はもう一つスッと加速して行けなかったところを見ると、芝スタートよりもダートスタートの方が躊躇することなく二の脚が付きそうですね。2週続けて格上馬相手に引けを取らない動きを見せてくれましたし、非常に良い状態で臨めそうですから、あとは最後まで一生懸命追ってくれる和田竜Jの手綱捌きに期待しています」(2/11近況)

助 手 7栗坂良 56.8- 40.7- 26.4- 12.9 馬なり余力
助 手 10栗坂良 52.6- 37.9- 24.7- 12.6 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月13日)
2R 3歳未勝利
ダ1200メートル 混合 馬齢 発走10:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヒキガネ 牡3 56.0 城戸義政
1 2 インゴットバード 牡3 56.0 幸英明
2 3 ロコポルティ 牡3 56.0 和田竜二
2 4 スナークタイカン 牡3 56.0 酒井学
3 5 サンライズテソロ 牡3 56.0 加藤祥太
3 6 アラッタロウ 牡3 56.0 川島信二
4 7 キーパイレーツ 牡3 56.0 中井裕二
4 8 ケイセブン 牡3 56.0 藤井勘一郎
5 9 モンギンゴー セ3 56.0 松若風馬
5 10 カンタベリーマッハ 牡3 56.0 柴山雄一
6 11 セイウンブイワン 牡3 56.0 国分恭介
6 12 ハイモビリティ 牡3 56.0 坂井瑠星
7 13 テイケイラハイナ 牝3 54.0 田中健
7 14 リアルディール 牡3 56.0 太宰啓介
8 15 ショウナンパプリカ 牡3 56.0 岩田康誠
8 16 スイートナイト 牝3 54.0 長岡禎仁

○西園師 「攻め通りに走ればもっとやれるはず。現状は短距離の方が集中できるし、1200mで更に」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~* 

直ぐに1つは勝てる馬だと思っているロコポルティですが、デビュー戦の競走中止で味噌がついたのか、その後の2戦は5着→3着。結果はそれほど悪くはないも、レース内容はもう1つ。前走は馬体が引き締まり、『これはチャンス大』だと期待値アップでレースを見守りましたが、芝スタートが響いたのか二の脚が一息。道中は中団で揉まれる形になる予想外の展開になり、直線で失速するシーンが頭を過ぎりましたが、何とか最後までジリジリ脚を繰り出して3着は死守。ただ、上位2頭は勢いよく抜け出しており、3着とは言え、2着馬との差は7馬身。そのことがあって喜べませんでした。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。大きく変わってきた感じは正直ないのですが、帰厩後の追い切りではCWコースで厩舎の期待馬タガノビューティー・タイソウらに食い下がる動きを披露。時計自体もマズマズ。そして10日の最終追いは坂路でビシッと。前走時はラスト1ハロンの時計を要していましたが、今回はテンからビシッとやって12秒6。踏ん張りが利いていますし、これで態勢は整ったと思います。

今回は前走から更に1ハロン短縮のダ1200m。スッとレースの流れに乗れるかどうかが1つポイントになってきますが、ダ1800mの時はダートからのスタートで楽に先手or前へ付けることが出来ています。阪神・ダ1200mもダートからのスタート。前走のような立ち遅れはないと思います。ただ、相手関係を見渡すと、前へ行きたい馬が多いように思うので、深追いし過ぎないようにお願いします。まあ、その辺りのさじ加減はダート戦で信頼できる騎手の1人・和田竜Jにおまかせ。気性面で多分に幼さを残すので、集中力の維持する観点から短めの距離は合っていると思うのです。

馬っぷりの良さからも素質は秘めている筈のロコポルティ。レースだと何かチグハグになって実力を出し切れていません。ただ、2戦目以降、掲示板を確保し続け、大きくは敗れていません。それ故、心身が噛み合えば、アッサリ勝っても不思議ではありません。そろそろ吉報(1勝)が届くことを願っています。