焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

左前球節の腫れでレースが少し開くも、追い切りの動き自体は良好。余裕残しの馬体がどこまで絞れて出走できるかが1つポイント。レースでは馬の気分を損なわないように末脚勝負に徹するのみ。ただ、速い上がりを要求されるこの舞台で上位争いするのは簡単ではありません。★ナイトバナレット

f:id:yakifish:20200731135919j:plain

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

土曜新潟10R 月岡温泉特別(芝1600m)7枠15番 松若J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路コースで追い切り

担当助手「29日に坂路で追い切りました。同じ古馬2勝クラスの馬を追いかける形で行いましたが、全体の時計は出ましたし、ラストの伸び脚も良かったですよ。こちらに戻ってきて日が浅い割には馬の雰囲気は良いですし、体も時期的なこともあってそこまで太く感じません。放牧先でしっかり乗り込んでもらっていたこともあって、息づかいは出来ていますし、これなら久々でもいい走りが期待できそうです。ここ最近は競馬と同じように調教でもテンのズブさが目立つようになってきていますが、スピードが乗れば最後までしっかり伸びてくれますし、新潟の外回りコースはこの馬にはピッタリだと思うので、展開さえ上手く嵌ればいい走りを見せてくれると思います」(7/29近況)

助 手 26栗坂重 52.7- 38.1- 25.2- 12.8 馬なり余力
見 習 29栗坂稍 51.4- 37.2- 24.1- 12.4 一杯に追う カフジロッソ(古馬2勝)一杯を1.5秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟3日目(08月01日)
10R 月岡温泉特別
芝1600メートル 3歳上2勝クラス 特指 混合 定量 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アーザムブルー 牡6 57.0 岩田望来
1 2 トロイメント 牝4 55.0 石橋脩
2 3 サトノウィザード 牡4 57.0 福永祐一
2 4 リノワールド 牝5 55.0 嶋田純次
3 5 ミアマンテ 牝3 52.0 丸山元気
3 6 テンワールドレイナ 牝5 55.0 北村宏司
4 7 アルディテッツァ 牡4 57.0 和田竜二
4 8 セグレドスペリオル 牡4 57.0 川又賢治
5 9 ノーブルアース 牝5 55.0 高倉稜
5 10 セリユーズ 牝4 55.0 三浦皇成
6 11 サンライズローリエ 牡5 57.0 幸英明
6 12 アルムフォルツァ 牡5 57.0 西村淳也
7 13 アズマヘリテージ 牝4 55.0 鮫島克駿
7 14 ラルナブリラーレ 牝3 52.0 北村友一
7 15 ナイトバナレット 牡6 57.0 松若風馬
8 16 ハッシュゴーゴー 牝4 55.0 M.デムーロ
8 17 ジュンライトボルト 牡3 54.0 藤井勘一郎
8 18 コスモヨハネ 牡8 57.0 柴田大知

○岡助手 「水曜の動きは良かったし、いいリフレッシュができました。左回りの1600mは良さそう。馬場状態は問いませんし、ラストでどれくらい脚を使ってくれるかでしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連闘で臨んだ前走。1ハロン短縮の為、意識的に仕掛けていったのですが、マイルの距離でゆっくり行くことに慣れているナイトバナレットは戸惑った様子。その結果、脚が溜まるようなところがなかったので直線での伸びは一息。7着に終わってしまいました。

その後は連闘の疲れを癒す為にNFしがらきへ放牧に。クタッとしたところはなく、スムーズに乗り進めていけたのですが、坂路でハロン15秒の調教へ踏み出そうとしたところで左前脚の球節の腫れを確認。詳しく検査を行ったところ、骨等には異常はなく、運動中に捻挫をしたのではないかという診断。タフな印象しかないナイトバナレットには珍しい一頓挫になってしまいました。

腫れが引くまではトレッドミルで軽く動かしてきたナイトバナレットは騎乗運動のGOサインが出てからも、坂路調教とトレッドミルを併用しての調整。普通キャンターで下地を作り、そろそろ本格的に15-15の調教へと移行しようとしたところで帰厩となりました。あとは厩舎でしっかり調整を行い、出走へと向かうんだろうなあと見ていましたが、22日に帰厩して8月1日での出走。10日で競馬を使ってきたのはちょっと残念です。

まあ、それでも26日と見習い騎手が乗ったとはいえ29日の追い切り時計は上々。リフレッシュを図ったことで前向きさがあって雰囲気は良さそう。あとは余裕の残る馬体が最終追い+新潟への輸送でどこまで絞れて来てくれるかです。前走から大きく増えてなければ良いのですが…。

新潟外回りの芝1600m自体はナイトバナレットには走りやすいですが、各馬共に速い上がりになるので、一生懸命脚を繰り出しても逃げ・先行馬を捻じ伏せることは容易ではありません。また、ナイトバナレットよりもキレのある脚を使う馬もいます。上位争いを演じるところまでも難しいかも。

まあ、それでもナイトバナレットすれば、序盤はゆったり進めて、直線勝負に徹するのみ。枠次第では外へ回さずに間を割って伸びてきて欲しいと考えていましたが、外枠の今回なら直線で外へ持ち出しても大丈夫でしょう。まあ、そこは初騎乗となる松若Jがどう判断するか。ズブさがあるので手が合わない感じはあるも、折り合いに難のあるロードクエストを上手に導いてくれたことから、良く似たタイプのナイトバナレットでも意外な相性を示してくれるかも。ナイトバナレットの気持ちを尊重して乗って来て欲しいです。あとは自分の競馬に徹して、どういう結果を残せるかに尽きるかと思います。