焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

札幌へ移動した疲れがなければ良いが、この距離での安定感は髄一。ライバルに逃げ・先行馬が揃っているので、前走のように終いの脚を生かす競馬が出来ればチャンス大。ここらで1つ区切りを付けて欲しい。☆ロードドミニオン

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロアサウンドオブハート

8月1日(土)札幌3R・3歳未勝利・混合・ダ1000mに藤岡康Jで出走します。7月29日(水)良の札幌・ダートコースで5ハロン69.8-55.1-41.2-14.2 3分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「高いレベルで安定」でした。発走は10時50分です。

○西浦調教師 「札幌への輸送を無事クリアし、体調もキープできている様子。7月29日(水)は終いに幾らか時計を要したものの、予定通りに追い切りを終えた・・・と現地より報告が届いています。今週の競馬へ。あと一歩まで来ており、もう決めたいですね」

≪調教時計≫
20.07.29 助手 札幌ダ良 69.8 55.1 41.2 14.2 馬なり余力

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回札幌3日目(08月01日)
3R 3歳未勝利
ダ1000メートル 指定 混合 馬齢 発走10:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マーブルレディー 牝3 54.0 池添謙一
2 2 グランドジュビリー 牡3 56.0 岩田康誠
3 3 テイエムピカピカ 牝3 51.0 秋山稔樹
4 4 ベルサンライズ 牝3 54.0 加藤祥太
5 5 ロードドミニオン 牡3 56.0 藤岡康太
5 6 コンゴウレイワ 牝3 53.0 団野大成
6 7 カッチョカバロ 牡3 56.0 丹内祐次
6 8 タマモゼーゼマン 牡3 56.0 松田大作
7 9 フィーユレヴーズ 牝3 54.0 横山武史
7 10 コルディアルッカ 牝3 54.0 水口優也
8 11 テーオーエリザベス 牝3 54.0 菱田裕二
8 12 ニーケススマイル 牡3 56.0 横山和生

○深川助手 「普段の煩い面が課題だけど、函館当初よりも、動きや体つきがかなり良化。前走を見るとためを利かせて終いを生かした方がいいね。展開が嵌れば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走で好発を決めてレースを進めるも、直線で伸びを欠いた姿を見せたロードドミニオン。函館に滞在してタフに使われてきた疲れが出たんだと思い、再度外枠を引いた前走は正直崩れてしまっても仕方ないと見ていました。レースは中団から徐々に押し上げて行って、直線を向く時は先行集団の直後。4角を回る時に少しタメが利いたことで、直線ではもうひと伸びする頑張りを発揮。逃げていた1番人気馬を交わして初めて2着に食い込んでくれたのですが、勝ち馬の激走には歯が立たず。相手が悪かったです。

その前走から中1週で臨む今回。ここ4戦は函館での1戦でしたが、今回の舞台は札幌。大きくコース形態は変わりませんが、函館よりもコーナーが緩やかな分、中団から進めることになるドミニオンにはプラスかも。また、この中間は函館から札幌へ移動することになりましたが、追い切りの雰囲気は悪くなさそう。馬っ気が強くて煩い馬ですが、それがタフなローテへの活力になっているようにも思います。

勝ち切るとなるとワンパンチ欲しい気はしますが、前走の走破時計は勝ち上がれるレベル。道中で急がせると直線で伸び切った走りになるので、前走のように前に馬を置く形で追い出しを我慢することが出来れば、終いの伸びに繋がる筈。藤岡康Jも長所・短手もしっかり掴んでくれています。ライバルになりそうな馬は逃げ・先行馬なので、目標にしてレースを進めることが出来るのは優位でしょう。何とかここらで1つ区切りを付けてもらいたいです。