焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

現状は幼さを多分に残し、気持ちと体がフィットした動きが出来ず。奥行きのある血統なので芯が入ってくれば変わってくると思うので、早い時期に競馬を1度経験したアドバンテージを今後に生かして欲しい。★バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

土曜新潟5R メイクデビュー新潟 2歳新馬(芝1600m)5枠9番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日に坂路コースで追い切り

大久保師「22日に坂路で追い切りました。新潟までの輸送が控えているので、反応を確かめる程度でしたが、想定通りの時計で上がってきましたし、まだ余裕があったぐらいですから、最終追い切りとしては理想の形で終えました。2週前の追い切りでは、まだトモがしっかりしていないために、前輪駆動の走りで追い出してからが甘くなっていましたが、ここにきて力を付けたことで、重心が低くなって首をしっかり使えるようになりました。瞬発力勝負というよりは、長く良い脚を使ってくれそうなだけに、そのような展開になってくれると良いですね。先週の追い切りで川田Jに感触を掴んでもらっているので、それを踏まえて騎乗してくれると思いますし、初戦から良い走りを期待しています」(7/23近況)

助 手 22栗坂重 54.8- 39.6- 25.8- 12.9 一杯に追う コスタネラ(古馬2勝)馬なりに0.6秒先行0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟1日目(07月25日)
5R メイクデビュー新潟 2歳新馬
芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ノーブルウィング 牝2 54 吉田豊
1 2 セイカトサイナリ 牝2 54 丸田恭介
2 3 ダノンランディ 牡2 54 和田竜二
2 4 エイカイファントム 牡2 53 岩田望来
3 5 サンズオブタイム 牡2 54 横山典弘
3 6 ジャッカル 牡2 54 幸英明
4 7 ショウナンアイビー 牡2 54 北村宏司
4 8 グランメテオール 牡2 54 石橋脩
5 9 バラキエル 牡2 54 川田将雅
5 10 ブルガリアンローズ 牝2 54 内田博幸
6 11 エコロペガサス 牝2 52 藤田菜七子
6 12 レッドフランカー 牡2 54 北村友一
7 13 マジェスティロゼ 牝2 54 田辺裕信
7 14 ノースザワールド 牡2 54 松山弘平
7 15 リフレイム 牝2 54 木幡巧也
8 16 ラインプリンス 牡2 54 武藤雅
8 17 ギャリエノワール 牡2 54 三浦皇成
8 18 スターリーアイズ 牝2 54 柴田大知

○大久保龍師 「トモがこれから良くなりそうで、マックスのスピードはまだ本当ではない。でも、徐々に動いてきたし、真面目に走る」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集時から父ロードカナロアとは少し馬体の雰囲気が違ったスリールドランジュの18ことバラキエル。伸びやかな馬体ですが、少し頭が高くて厚ぼったい皮膚は母の父ゼンノロブロイが強く出ている印象。こういう点が少し敬遠されたかもしれませんが、母系はダイナカール由来なので、身体能力の高い馬に育ってくれればと出資を決めました。また、預託先の大久保龍厩舎は1度出資してみたい厩舎でした。

育成時のバラキエルは大きなトラブルなく順調に成長してくれましたが、他馬と比べると心身の幼さを多分に残しています。動きに関しても、気持ちと体がもう1つフィットしていない感じで粗削りなフットワーク。トモがしっかり入ってこない分、前脚に頼った走りに現状はなっているとのこと。両親からスピードはしっかり受け継いでいると思うのですが、最後の粘り・踏ん張りが十分ではありません。

まあ、それでも夏の新潟にデビューできることになったのは身体能力の高さが大きいと思います。血統から奥行き(成長力)はあると思うので、使いつつ馬体の成長が伴ってくれば先々は走ってきてくれる筈。バラキエルのように幼さを多く残す馬には早めに1度競馬を経験するアドバンテージは大きいと思います。

ですので、デビュー戦の今回は肩肘張らずに気楽な気持ちで、現状でどういうレースが出来るのかを見守りたいと思います。オリンピックイヤーだったので、今週から3週はは関西圏での競馬がない特殊な期間。馬場の良い新潟へ向けて東西から前評判の高い馬・血統馬が揃っています。母系は道悪OKですが、力が付き切っていないのでデビュー戦は稍重ぐらいまででレースをさせてあげたいですが…。

このレースは大久保厩舎のもう1頭、ノースザワールドが追い切りの動きが良く、人気を集めていますが、川田Jをバラキエルに乗せてくれたので、レースでは幼い面をしっかり教育しつつ、レースの流れに乗せた競馬を見せてくれると思います。

その中で今後に繋がるキラッと光るモノを見せてくれれば、デビュー戦とすれば及第点。馬体を併せる形になれば面白いかも。1頭でも上の着順を目指して欲しいです。