焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

我の強さが酷くなってきたので去勢手術を経験。煩い面は幾分緩和されるも、気持ちと動きはまだまだ噛み合わず。今回も厳しい結果が待っていると思うも、追い切りの延長線と考え、最後まで気を抜かさずにビシビシ追ってもらい、現状の力を余すことなく出し切って欲しい。★バラキエル


f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(セ・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

土曜阪神5R 2歳未勝利(芝1600m)7枠11番 和田竜J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路コースで時計

大久保龍師「今週は変則日程で25日が全休日明けでしたので、23日に坂路でしっかり併せて時計を出しました。追走し、古馬3勝クラスの馬に対し、最後まで食らいついて引けを取らない動きでした。そして26日は坂路でサッと流す程度に時計を出して調整するつもりでしたが、単走にも関わらず自らハミを取って進んで行くぐらい前向きさがあり、想定していたより時計が出てしまいました。去勢の効果からなのか、集中して走ってくれるようになったことが大きな要因だと思います。調教に関しては良い方に向いていますが、初戦のこともありますし、和田竜二騎手には最後まで気を抜かないよう競馬をしてもらいたいと思います」(11/26近況)

荻野琢 26栗坂良 53.6- 38.8- 25.0- 12.5 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神8日目(11月28日)
4R 2歳未勝利
芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走11:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロゼット 牝2 54.0 坂井瑠星
2 2 クールヴィンソン 牡2 55.0 岩田康誠
3 3 シホノコプント 牝2 54.0 藤岡佑介
3 4 インワンシティング 牡2 55.0 岩田望来
4 5 コスモチェントロ 牝2 54.0 国分恭介
4 6 マリブスターソング 牝2 54.0 藤岡康太
5 7 ウラエウス 牡2 55.0 武豊
5 8 ボディダブル 牡2 55.0 松若風馬
6 9 マイネルクハージュ 牡2 55.0 国分優作
6 10 スンリ 牝2 54.0 松山弘平
7 11 バラキエル セ2 55.0 和田竜二
7 12 スカーレットジンク 牡2 55.0 浜中俊
8 13 チョウラブリー 牝2 54.0 加藤祥太
8 14 ショウナンガニアン 牡2 55.0 福永祐一 

○大久保龍師 「去勢手術をしました。しっかりと休ませたので、その効果に期待したいところです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

心身に幼さが目立ち、動きに関しても、気持ちと体がもう1つフィットしていない感じでデビュー戦を迎えたバラキエル。トモがしっかり入ってこないので、前脚に頼った走りになり、追い切りでも最後の粘り・踏ん張りがもう一つだったので、川田Jを配してきたとはいえ、デビュー戦から多くを望むのはちょっと難しいかなと見ていました。

実際、デビュー戦の走りに関してですが、道中の追走ぶりはそこまで悪い印象はなかったですが、直線でいざ追われてからが案外。力が上へ抜けている感じで推進力を欠き、フットワークがバラバラに。トモを使った走りが出来ていないのでこのようなことになったと思います。また、単純に芝のスピード競馬には対応できないのかもしれません。早めに1度実戦を経験できたのは良かったですが、内容の酷さに頭を抱えてしまいました。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。以前から馬っ気を出して、煩いところを覗かせていましたが、デビュー戦の疲れが癒えると気難しさも出てきてしまい、調教中に鞍上を振り落とすアクシデント発生。幸い、人馬共に大きな怪我はなかったですが、我の強さが手に負えなくなってきたので去勢手術へ。術後は順調に回復し、調教ではトレッドミルで運動させてから馬場へ連れ出すようにすると、煩い面は緩和。調教も真面目に取り組んでくれるように。早めの処置は正解だったと思います。

ただ、デビュー戦からの良化度に関してはもう1つ。丹念に時計を重ね、最終追いとなる26日の坂路追いはマズマズですが、併せ馬で見劣るケースが多く、終いの伸びもまだまだ。成長はしていると思いますが、気持ちと動きはまだまだ一致せず。今回も追い出してから伸び切れずというシーンが目に浮かびます。ダートだと砂を被った際に不安は残りますが、スピードの足りない面を補うためにそちらへシフトしていくことになるのかなと個人的に想像しています。

今回も厳しい結果は避けられないと思いますが、腕っぷしの強い和田竜Jが乗ってくれるのは有難いので、今回は追い切りの延長線と捉え、最後まで気を抜かさずにビシビシ追ってもらい、バラキエルの力を出し切ってもらえればと思います。