焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

並び掛けると一生懸命走り過ぎるのが課題も、22日の追い切りは追走して先着と力強い伸びを披露。1度使えば更に良くなる印象も、前々でスムーズにレースの流れに乗れれば恥ずかしい競馬にはならない筈。好結果を期待。☆イルデレーヴ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

土曜新潟6R メイクデビュー新潟 2歳新馬(ダ1200m)2枠2番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日に坂路コースで追い切り

池添学師「22日に坂路で追い切りました。新潟までの輸送が控えているので前の馬を追いかけながら終いを伸ばすように時計を出しました。仕掛けに入ると反応良く伸びて先着してくれたように、この馬なりに最後まで脚が使えるようになってきました。馬場が悪く、他の馬達は時計が掛かっていたにもかかわらず、イルデレーヴはまだお釣りが残っていたぐらいですから、良い仕上がりでデビューさせられそうです。ゲート試験では出の反応がもう一つでしたが、あの頃よりトモの踏み込みがしっかりしているので、普通に出てくれると思いますし、それに二の脚は速い方なので、スッと流れに乗っていけるはずです。後は並び掛けるとムキになるところがあるので、いかに道中力まず走ってくれるかがカギになりそうです」(7/23近況)

助 手 19CW稍 56.0- 39.7- 12.5 馬なり余力 マイエンフェルト(古馬2勝)馬なりの外を1.6秒先行3F付同入
助 手 22栗坂重 54.3- 39.5- 25.2- 12.7 末強め追う ラガートゥインクル新馬)一杯を0.6秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟1日目(07月25日)
6R メイクデビュー新潟 2歳新馬
ダ1200メートル 指定 混合 馬齢 発走13:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ラストリージョ 牝2 54 柴田大知
2 2 イルデレーヴ 牡2 54 北村友一
2 3 サトノアポロン 牡2 54 三浦皇成
3 4 マイコレット 牝2 54 柴田善臣
3 5 ミスジョーダン 牝2 54 中井裕二
4 6 ヴェルメリオ 牝2 54 松山弘平
4 7 ドローム 牝2 54 国分優作
5 8 コウバコ 牝2 54 藤懸貴志
5 9 マリノエンブレム 牝2 53 木幡育也
6 10 ラウンシー 牝2 54 木幡巧也
6 11 サンウッドランド 牝2 54 西村太一
7 12 チャペルレーン 牝2 54 戸崎圭太
7 13 マインヒーロー 牡2 54 武士沢友治
8 14 コトブキアリエス 牝2 53 斎藤新
8 15 ビーアップ 牝2 53 岩田望来

池添学師 「追う毎に素軽さが出て、時計の掛かる馬場の今週でも動きは良かった。b二の脚が速く、ダートのこの距離も合うと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集に名前を連ねた時から血統的に興味があり、成績は二の次で出資したかったのがデイトユアドリームの18ことイルデレーヴ。コロンとした馬体ながら、肉付きが良く、馬体を大きく見せるのは好印象。また、トモの踏み込みが良くて力強い歩様。父は芝で活躍しましたが、この仔は母系が強く出た印象で、芝がダメでもダートで頑張ってくれるだろうなあと見ていました。あとは両親から良いスピードを受け継いで欲しいなあと。

育成に関しては大きなトラブルなく順調。動きに関しては気持ちが先走るところがありますが、短距離馬らしくピッチの利いた走法。最初は馬場に脚を捕られる場面が目立ちましたが、徐々に力が付いてくると操縦性も高くなってきました。そして5月中旬に栗東へ移動。移動の話があまり出ていない中だったので良い意味でちょっとビックリしましたが、第一関門のゲート試験はスムーズに突破。短距離馬らしく二の脚が速いのはレースへ行って武器になりそう。

ゲート試験合格後は一旦NFしがらきへ出て、乗り込みを強化。馬体を接する形になるとムキになってハミを噛んでしまうという課題はありますが、短距離馬らしいスピード感溢れる動きを披露。改めて素材の良さを確認できました。

帰厩後はここへ目標を定めての調整。追い切りではもう1つ良い動きを見せていなかったので心配もしましたが、1週前に北村友Jに感触を掴んでもらってからジワッと上昇。今週の追い切りを映像で確認しましたが、まだまだトモがパンとしていない中でも、最後までしっかりした動き。並びかけてから抜いていく速さは目を惹きました。

相手関係に目を遣ると、人気を集めるライバルは血統以上に動きの良さが目立つ馬ばかり。その中でコウバコ・ビーアップ・チャペルレーンは牝馬なので仕上がりも良さそう。気性は初戦向きの前向きさを備えていますが、ここに来て良くなってきた段階なので、1度使えば更に動ける筈。そんな中で、ゲート練習・試験で見せた二の脚、追い切りで見せた加速力を発揮することが出来れば、デビュー戦から勝ち負けの争いに食い込めるでしょう。それを叶えるには前半の位置取りが1つ注目になってくるでしょうが、北村友Jは追い切りで特徴は掴んでもらったと思うので、力み過ぎないように注意してもらって、良いところでレースの流れに乗ってもらえればと思います。今後に繋がる走りをまずは見せてもらって、そこに良い結果(1着)が伴ってきてくれれば嬉しいです。