焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スムーズな競馬なら勝ち負けできることは前走で証明できたので、ゲート内で縛り付けて観念させてきた効果が実戦できちんと発揮できるかどうか。右回りに替わるのは良さそう。脚抜きの良い馬場での時計勝負に対応できるかどうかも鍵に。☆イルデレーヴ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

日曜京都1R 2歳未勝利(ダ1200m)7枠13番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計

池添学師「この中間もゲートの確認を行っていましたが、その後は大人しく駐立出来るようになり、今の雰囲気のままならレースでも互角に出てくれそうです。ただ、競馬場に着いてからテンションが上がることが考えられますので、出来るだけ落ち着かせるよう努めて行きたいと思います。7日に坂路で時計を出しましたが、単走でも以前よりしっかり動けるようになっており、動きとしては前走以上の出来にあると思います。前走はあれだけ出遅れて、前半にかなり脚を使った割には掲示板を確保するぐらいなのですから、互角にゲートを出れば良い勝負になると思います。今回こそスムーズなレースを期待したいですね」(10/8近況)

助 手 4栗坂良 56.6- 41.3- 27.1- 13.6 馬なり余力
助 手 7栗坂良 53.7- 39.6- 25.9- 12.9 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都2日目(10月11日)
1R 2歳未勝利
ダ1200メートル 指定 混合 馬齢 発走10:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トーホウスザク 牡2 55.0 松若風馬
1 2 ビーアップ 牝2 54.0 国分恭介
2 3 ショウナンバサロ 牡2 55.0 浜中俊
2 4 スギノマジェスティ 牡2 55.0 池添謙一
3 5 ニホンピロメドウ 牝2 54.0 和田翼
3 6 タガノミューコ 牝2 54.0 岡田祥嗣
4 7 タマモメルヘン 牝2 51.0 泉谷楓真
4 8 キャンユーキッス 牝2 54.0 松山弘平
5 9 アイファーパンサー 牝2 54.0 水口優也
5 10 ミヤジオシャラク 牝2 54.0 和田竜二
6 11 シンゼンシャイン 牡2 55.0 幸英明
6 12 マテンロウルビー 牝2 54.0 福永祐一
7 13 イルデレーヴ 牡2 55.0 北村友一
7 14 スプリングローズ 牝2 53.0 富田暁
8 15 ドローム 牝2 54.0 国分優作
8 16 インテンスフレイム 牡2 55.0 藤岡康太

池添学師 「ゲートの駐立は、中間の練習では問題ありません。あとは当日のテンション次第。状態はいいので、五分のスタートなら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走はデビュー戦で太かった馬体がきちんと絞れ、2戦目で本領発揮を期待したイルデレーヴ。馬は確実に良くなっていましたが、デビュー戦でやや出遅れたゲートで一悶着。担当者が離れるとゲート内で大きく潜ろうとして膝をつくぐらいに。北村友Jは後ろに重心を持っていって懸命に立て直そうとしてくれたのですが、タイミングが非常に悪くて、その際にゲートが開くことに。その結果、5馬身ほど出遅れることになりました。ダ1200mではまさに致命傷。徐々にポジションを押し上げて行って、最後の直線は大外から懸命に脚を伸ばしてくれましたが5着までが精一杯。むしろ5着まで挽回したのは立派と言えるでしょう。

前走後は在厩調整を続け、枠内で落ち着きがなくなることから、ゲート内で縛り付けて観念させる荒療治に着手。暴れて怪我をしてしまうことを懸念しましたが、そういう面は問題なく、だんだん従うように。そして北村友Jが跨って、一連のゲートの流れを行うとスムーズに出来ました。今回の出走はその効果を確かめる意味での出走とも言えます。状態に関しては前走時のデキをキープできていると思いますし、追い切りの動きは軽快です。

3戦目の舞台は右回りの京都・ダ1200m。今回もスタートが大注目になってきますが、前走で左手前のまま伸びてきていたので、右回りに替わるのは良いかも。脚が溜まれば伸びることは前走で証明できたので、持ち前のスピードをどこで生かすか。あとは実戦へ行って、トレセンでは見せない気難しさを今回は何とか我慢してもらいたいです。また、脚抜きの良い馬場での時計勝負に対し、前捌きに硬さのある馬なので、対応し切れるかどうか不安も正直あります。おそらくここを使うと一息入れることになるので、良い形で一区切りをつけることが出来るように願っています。勿論、3戦目で初勝利を期待しています。