焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

予定を前倒しして20日の東京・芝1400mでデビューすることになりました。☆クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に南Wコースで時計
・次走予定:6月20日の東京・芝1400m(C.ルメールJ)

奥村武師「先週末に南Pコースで時計を出しましたが、同じ新馬が相手だったとは言え、しっかりと先着してくれたのは好印象でしたね。10日には南Wコースで併せて追い切りを行いましたが、今回も相手に差を付けてゴールしています。考えていたより時計が速くなってしまいましたが、最後までバテることなく走り切れていましたね。跨ったスタッフは『持っている内は良いものの、追い出すと走りのまとまりに欠ける部分があります』と話していましたが、この時期の新馬ですから大きく気にする必要はありませんし、動き自体は良く見えましたよ。こちらが思っていた以上に順調に仕上がってきていますし、当初は東京4週目くらいかと思っていましたが、前倒ししても対応できそうです。そこで、乗り役を含めてレースを検討したところ、20日の東京・芝1400mであればルメール騎手が乗れるということなので、そこを目指したいと考えています」(5/27近況)

助 手 7南P良 55.9- 39.6- 12.6 強めに追う パープルレディー(新馬)強めの外0.2秒先着
助 手 9美坂良 63.8- 46.2- 30.8- 14.8 馬なり余力
助 手 10南W良 66.7- 50.5- 37.1- 12.2 直強め追う ノースブリッジ(新馬)一杯の外0.6秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

東京4週目でのデビューを目指し、調教を積んでいるクールキャット。7日のPコースでの追い切りから負荷を1段高めていますが、7日と10日の両日共に同期のディープインパクト産駒(牝・母メリッサ)を圧倒する動きを披露。時計も上々ですし、動きの良さを見せていると言えるでしょう。

また、陣営もこの動きを見て、4週目のデビューを1週前倒しにして来週20日の東京・芝1400mでのデビューへ。C.ルメールJが空いていたというのも大きいのでしょう。

勿論、楽しみは楽しみですが、1400mが合うタイプではなく、距離が延びて台頭してくる馬だと思います。4週目だと芝1600mでも芝1800mでも牡馬の素質馬が出てくるでしょうから、現状でそれらとどこまでやれるのかを見たかったなあというのが率直な気持ちです。