焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走を使った後、歩様と体のバランスが良化。気持ちにも良い意味での余裕が出てきて、デキの良さは太鼓判を押せる程。ただ、トビの大きい走りで器用さに欠けるので、内枠を引いてしまった今回はスタート後に良いポジションを取れなければ挽回するのは難しそう。如何にスムーズな競馬が出来るかに尽きます。2度目の重賞挑戦なので、まずは前走以上の結果を残して欲しい。☆クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

月曜中山11R フェアリーS(芝1600m)3枠5番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に南Wコースで時計

奥村武師「年末年始にかけてもコンスタントに時計を出せているように、ここまで順調に調整を進めることが出来ています。7日には南Wコースで併せて追い切りを行いましたが、道中はクールキャットが大きく離れた後方を追走する形から、直線ではしっかりと脚を伸ばして先着しています。半マイルからの追い切りではありましたが、力の要るウッドチップを苦にすることなく走れており、動きは良かったですね。津村明秀騎手に跨ってもらいましたが、『馬体に苦しいところがないからか、気持ちにも良い意味で余裕があって、道中はリズム良く走ることが出来ていましたね。以前はハミに乗っ掛かるようなところが見られましたが、今日はそういった面を見せなかったですし、状態は良さそうですね』と話していて、良い感触を掴んでくれたようです。おそらく前回調整時よりもトモの具合が良くなったことが、心身に良い影響をもたらしているのだと思います。初重賞の前走でも掲示板を確保できたように力は持っていますし、状態の良さを活かしてさらなる前進を期待したいところです」(1/7近況)

助 手 3南W良 71.3- 55.0- 41.4- 13.6 馬なり余力 ハートリープ(新馬)強めの内1.0秒追走同入
津 村 7南W良 52.0- 37.8- 12.7 直強め追う ヴェイルオブナイト(三未勝)強めの内1.7秒追走1.8秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山4日目(01月11日)
11R フェアリーS(G3)
芝1600メートル 3歳OP 特指 国際 牝馬 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ベッラノーヴァ 牝3 54.0 丸山元気
1 2 プリティインピンク 牝3 54.0 山田敬士
2 3 アトミックフレア 牝3 54.0 酒井学
2 4 ニシノエルサ 牝3 54.0 勝浦正樹
3 5 クールキャット 牝3 54.0 津村明秀
3 6 ネクストストーリー 牝3 54.0 杉原誠人
4 7 タイニーロマンス 牝3 54.0 内田博幸
4 8 テンハッピーローズ 牝3 54.0 福永祐一
5 9 ファインルージュ 牝3 54.0 C.ルメール
5 10 シャドウファックス 牝3 54.0 大野拓弥
6 11 オプティミスモ 牝3 54.0 藤井勘一郎
6 12 ラストリージョ 牝3 54.0 柴田大知
7 13 カラパタール 牝3 54.0 横山武史
7 14 ビップエレナ 牝3 54.0 菊沢一樹
8 15 ホウオウイクセル 牝3 54.0 丸田恭介
8 16 グロリユーノワール 牝3 54.0 野中悠太郎

○奥村武師 「前走時よりも歩様と体のバランスが良くなって、凄くいい状態です。能力はかなり高いですが、大トビなので、中山コースへの対応、特に内枠を引いた時がどう出るかでしょう。スムーズなレースができるかどうかに尽きます」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

脚元のちょっとしたトラブルがあって、6月東京のデビュー勝ちから2戦目を迎えるまでに4ヶ月くらいの時間を要してしまったクールキャット。また、復帰戦が重賞挑戦になってしまったことは今にして思えば、荷が重たかったのかなと思います。

そしてレースでは内の窮屈なところに嵌ってしまい、直線では追い出しを待つことに。手脚が長くてトモに緩さを残す現状なので、鞍上からGOサインが出ても、俊敏に反応・加速していくことは出来ず。残り200mぐらいでようやく進路を見出し、そこからじわじわ脚を繰り出して差を詰めてくれましたが、5着に押し上げるのが精一杯。まあ、順調さを欠き、一気の相手強化の中での5着は健闘と言っていいと思いますし、改めてこの馬の秘めたるポテンシャルを感じました。

前走後は無理することなく一旦NF天栄へ移してリフレッシュ。トモの嵌りはもう一つで、パンとしないところはあるも、着々と坂路での乗り込みを強化することに成功。また、久々を叩いて、良い意味でシャキッとしてきた感じが窺えます。

帰厩後の調教・追い切りに関してはWコース中心で行われ、丹念に時計をマーク。そして1週前追い切りにあたる先月31日の追い切りでは上がり重点ながらビシッと。このひと追いで状態は更に上がり、年が明けてからはオーバーワークになるのを避けつつ、ラストをさっと伸ばす程度。最終追いは4ハロンからの時計となりましたが、追走して直線で内へ入れるとササッと先着。元々攻め駆けする馬ですが、推進力に溢れる動きは目立ちました。ハミを越して舌を出していましたが、集中力を欠いていたというよりはそれだけ余裕・余力があったからだと思います。立て直したことで状態は前走時とは雲泥の差です。

あとはトリッキーな中山のマイル戦をどう乗りこなすか。大型馬で馬体のフォルムも大きいので、どうしても器用さでは見劣ってしまいます。それ故、真ん中から外目の枠を希望していましたが3枠5番。好位につけるには内枠が有利ですが、スタート後にごちゃごちゃして進路が塞がり、ズルっと下がってしまうと万事休す。津村Jには序盤の攻防(ポジション取り)は強気に攻めてもらいたいです。そして勝負どころからはジワっと外へ持ち出し、勢いをつけながら直線を迎えて欲しいです。力の要る今の中山は合っている筈ですから。

今回は2度目の重賞挑戦なので、まずは前走以上の結果を残して欲しいです。そして願わくば、収得賞金の加算(2着以上)を叶えて欲しいです。