焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走後の調整は順調も、阪神への輸送で思惑通りに絞れてきてくれないと…。今回も内枠に入ってしまいましたが、出遅れた場合は腹を括って末脚勝負に徹して欲しい。そして少しでも上の着順でレースを終えて欲しい。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜阪神11R 秋華賞(G1・芝2000m)2枠3番 和田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計

奥村武師「13日に南Wコースで追い切りを行いました。先週しっかりと負荷を掛けた調教を行っていますし、今週は阪神競馬場までの輸送も考慮して、オーバーワークにならないように注意していましたが、それでもラスト1ハロンは11秒台でまとめることが出来ています。予定通り和田竜二騎手に美浦へ来場してもらい乗っていただきましたが、『馬体が大きい馬なので、コーナーでバランスが崩れやすいところはありましたね。それでも直線では真っ直ぐ走れていて、やろうと思えばどこまでも伸びていきそうなくらいの動きでしたよ』と良い感触を持ってくれたようで良かったです。スタンドから見ていても、降雨の影響で馬場が重い中でも最後まで脚取りはしっかりとしていて、良い動きだと感じました。特に、前半はハミに頼って走ってしまうのではないかと思っていたのですが、向正面でもしっかり馬体が起きていて、それだけトモの具合が良いということなのでしょう。1週前にビッシリやったことが良い方に向き、その前までは身のこなしが重く映ったのが、先週末の南Wコースで時計を出した際から、フットワークに素軽さが出てきており、状態は着実に上向いてきている印象です。広々としたコースの方が力は発揮できるタイプだと思うので、阪神内回りの舞台設定がどうかという部分はあるものの、重賞を勝っているように力は持っていますし、スタートを決めて良い位置でリズム良く進められればチャンスも出て来るはずですから、頑張ってもらいたいですね」(10/13近況)

助 手 10南W良 71.4- 54.5- 39.1- 11.3 馬なり余力
和田竜 13南W稍 68.6- 52.8- 38.1- 11.7 馬なり余力 レリスタット(古馬1勝)馬なりの内1.2秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回阪神4日目(10月17日)
11R 秋華賞(G1) 
芝2000メートル 3歳OP 指定 国際 牝馬 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 
1 1 スルーセブンシーズ 牝3 55.0 大野拓弥 
1 2 ステラリア 牝3 55.0 武豊
2 3 クールキャット 牝3 55.0 和田竜二 
2 4 ソダシ 牝3 55.0 吉田隼人
3 5 エイシンヒテン 牝3 55.0 松若風馬 
3 6 スライリー 牝3 55.0 石川裕紀人 
4 7 サルファーコスモス 牝3 55.0 川田将雅 
4 8 エンスージアズム 牝3 55.0 岩田望来 
5 9 アンドヴァラナウト 牝3 55.0 福永祐一 
5 10 アールドヴィーヴル 牝3 55.0 松山弘平 
6 11 ユーバーレーベン 牝3 55.0 M.デムーロ 
6 12 アカイトリノムスメ 牝3 55.0 戸崎圭太 
7 13 ホウオウイクセル 牝3 55.0 丸田恭介 
7 14 ファインルージュ 牝3 55.0 C.ルメール
8 15 アナザーリリック 牝3 55.0 津村明秀 
8 16 ミスフィガロ 牝3 55.0 藤岡康太

○奥村武師 「前走時と違うのは、重心が前へ傾くことなく、体を起こして走れていることで、その点を含めて、追い切りでジョッキーに確認してもらいました。コーナーリングが上手でなく、前へ壁を作らないと掛かるので、レースプランは難しいと思いますが、ジョッキーに全て任せます。この馬の能力を信じて乗ってきてもらえれば、と思います」(競馬ブックより) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

秋華賞】クールキャット 和田竜背に1馬身先着(サンスポより)

和田竜二騎手(43)=栗・フリー=が13日、デビュー後初めて美浦トレセンに来場。秋華賞で新コンビを組むクールキャットの追い切りに騎乗した。Wコース5ハロン68秒6-11秒7を馬なりでマークして僚馬に1馬身の先着を果たし「競馬では燃えるイメージがあったが、乗ると扱いやすくて、道中の折り合いや反応も良かった。時計のかかる芝も良さそう」と好感触。「(美浦は)競馬学校の1年生で来て以来やね」と話すベテランは、他にも30日のスワンS(阪神、G2、芝1400メートル)を予定しているステルヴィオ(美・岩戸、牡6)などの追い切りにまたがった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

ひと夏越して良い感じに馬体が成長してきているのかなと見ていた前走時のクールキャット。実際、プラス14キロと太目感なく仕上がっているように思えたのですが、気持ちの面でピリッとしたところがなかったのかな? そして内枠が当たった時点で嫌な予感がしていましたが、ゲート内で落ち着きを欠いての出遅れ。大トビで器用な脚が使えないので、後方からの競馬を余儀なくされてしまいました。そしてレースはSペースからの瞬発力勝負に。スピードの持久力が売りのクールキャットには不向きな展開にもなりましたが、直線は大外からじわじわ末脚を伸ばし、併せ馬で食らい付く姿勢が窺えたのは○。最後は馬体に余裕があった分と道中スムーズさを欠いた分で止まってしまいまいたが、休み明けを考えれば、着順ほど悲観するものではないと思います。

その後は在厩調整を続け、中3週のローテでここへ。中間の調整はまずまず意欲的に行うことが出来、1週前追い切りとなる6日はWコースで併せ馬をビシッとやって先着。この馬らしい重心の低い走りを見せていましたし、最終追いは和田Jが美浦へ駆けつけ、6日と同じくWコースで併せ馬を消化。輸送を見越して多少サラッとやった感じですが、変わらず良い動きを見せてくれたので、1度使った効果はあるでしょう。そして木曜日の馬体重発表では前走時からマイナス4キロ。あとは阪神への輸送で思惑通りに馬体が絞れて来てくれれば。

ただ、今回も引き当てたのが2枠3番と内枠。秋華賞と相性の良い枠番みたいですが、クールキャットには割引材料。スタートを決めたいところですが、奇数枠なので前走のように枠内で落ち着きを欠きそう。出遅れた場合は和田竜Jには慌てず騒がずで後方に構えてじっくり進めてもらえればと思います。馬場に関してはレースまでに良に回復しそうですが、雨でタフさを増したのは歓迎材料。あとはクールキャットに向く展開になってくれれば。前へ行くならスロー、後ろからなら淀みない流れと何とも我儘な理想ですが(笑)。

さすがに上位争いするところまでは厳しいと思いますが、見せ場を作ってもらい、少しでも上の着順でレースを終えてもらえればと願っています。和田竜Jには美浦まで駆け付けた感触をレースでしっかり役立てて欲しいです。