焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

手応え十分に4角で先団に並び掛けた時は勝ちを意識するも、いざ直線で追われてからが案外。集中力が切れたというよりはパサパサのダートで踏ん張りが一息。終わってみれば今回も6着と優先権を確保出来なかったのは痛恨。★エルスネル


f:id:yakifish:20200513045835g:plain エルスネル(牡・西園)父ロードカナロア 母サンドミエシュ

日曜阪神4R 3歳未勝利(ダ1400m)6着(6番人気) 西村淳J

引き続きブリンカーを着用しています。まずまずのスタートを決めると促しながら好位4番手を追走します。勝負どころで先頭に並び掛け、直線に向いて抜け出しを図りますが、もう一つ伸び切れず、初めてのダート戦は6着でゴールしています。

西園調教師「調教の走りからダートをこなしてくれると思っていましたが、芝からダートの切り目でも躊躇することなく、スピードが鈍ることもなかったですし、走りっぷりは良かったと思います。良い手応えで4コーナーへ差し掛かったので、そのまま抜け出してくれないかと期待しましたが、追い出してからもう一押しが利かなかったですね。レース後、西村淳Jに聞いたところ、『促して行くとスッとスピードに乗り、ダートに替わっても鈍ることはありませんでした。ダートの走りは良かったですし、手応えも良かったのですが、追い出してからもうひと伸びが利かなかったですね。体はまだ幼い感じですし、成長すればもっと良い脚が使えるようになると思います。距離はこれぐらいが良さそうです』と言っていました。詰めの甘さは否めないですが、ダートでも走ってくれることが分かりましたし、メンバー次第でチャンスも出てくると思います。優先出走権を獲ることが出来なかったので、どれだけ節を空ければ確実に使えるのか調べたうえで、今後の予定を考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押していって好位から。道中は行きっぷりが良かった。コーナーでは少し外へ張り、ラストは甘くなったが、ダートそのものは問題ない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/12日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

西園師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も変わりありませんでした。優先出走権を獲ることが出来なかったこともありますので、この後は一旦牧場へ戻して想定を見ながら次走の予定を考えていきたいと思っています」(6/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝では速い脚が使えず、新味を求めてダートに使ってきたエルスネル。ただ、幼さを多分に残すので砂を顔に被った時、馬群で揉まれた時に集中力を欠いてしまうことを懸念してレースを見守りました。

一息入った後ですが、仕上がり自体はマズマズ。ただ、馬体はガラッと変わってきた感じはなく、非力さを残しているので、ダートでの一変まではさすがに難しいかなと。何とか5着以内を死守して次走へ繋いで欲しいと願っていました。

スタートは若干反応が遅かったですが、西村淳Jが促していくと芝での行きっぷりは他馬よりも良く、ダートへ入ったところでは5番手まで挽回。外から被せられることもなかったので、気分良さそうに追走出来ているのが印象に残りました。

レースは淡々と進み、エルスネルと西村淳Jは3角と4角の中間ぐらいから外目をジワッと進出。手応えは上々に見えましたし、4角で先頭に並び掛けた時には正直やったと思いました。

そして直線で満を持して追い出されたエルスネル。手応え通りにアッサリ抜けていくのかなと見ていたら、いざ追われるとグッと来るところがなく、手応えをなくしてジリジリという伸び。パタッと止まることなく最後まで食い下がってはくれましたが、残り200mぐらいから脚が上がってきてしまいました。『何とか5着は死守して!』とTVの前で声が出ましたが、ゴール直前で測ったように交わされてしまい3戦連続で6着。うーん、何とも運がないです。

レース後のエルスネルですが、目立った疲れはなし。ただ、今回もあと1歩のところで優先権を逃してしまったのは痛恨。12日にNFしがらきへ移動して節を稼ぐことになります。

今回の敗戦を挙げるとしたら、気分良く追いかけすぎたのとパサパサの力の要るダート。馬場が渋っていれば手応え通りに直線でひと伸び出来たかもしれません。また、今回は1ハロン短縮が仇になるかなと見ていましたが、鞍上が少し促していたとはいえサッと好位を確保。4角を回ってくる時のスピード・迫力はなかなかのものだったので、更に1ハロン距離を縮めてダ1200mが面白いかなと思います。また、梅雨に入ったので次走では脚抜きの良い馬場が期待できるかも。時計が速くなり過ぎるとまた厳しいのかもしれませんが、次走では最低限の目標として5着以内の優先権確保は死守してもらわないといけません。