焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(5歳馬)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードダヴィンチ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター1000m。5月下旬測定の馬体重は546キロ。

○当地スタッフ 「先日、エコー検査を実施。良好な経過が確認されました。獣医師より許可が下りて、先週末からトレッドミルへ。一歩前進と言えるかも知れません。ただ、6月8日(月)も患部が幾らか熱っぽい感じに。ケアしながら少しずつ・・・でしょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月6日(土)に15-15の稽古を消化。及第点の動きを見せていました。左前脚の蹄も落ち着いた状態をキープ。進めて行けそうですね。週2回の割合で同様の内容を課す予定。何本か重ねてから移動プランを相談・・・。そんな流れでしょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。6月3日(水)測定の馬体重は535キロ。

○当地スタッフ 「広いトラックへ通い始めてからも大きな問題は無し。先週末に掛けてハロン17、18秒のキャンターまで進めています。ただ、この先もウィークポイントの左前脚がネック。屈曲痛や歩様に影響は出ていませんが、上手く付き合う必要がありそうです」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚繋靭帯炎でもどかしい調整が続いているダヴィンチですが、この中間にエコー検査を実施。幸い、悪い診断は下らず、ゆっくりと回復傾向とのこと。それを受けて、トレッドミルでの運動を開始しています。ただ、運動後は患部に熱があり、ちょっと安心できない状況です。引き続き入念にケアを行って慎重を期してもらいたいです。

調教時に蹄鉄がズレるアクシデントがあり、その際に蹄を痛めてしまったイヒラニ。痛みが再発するなど順調さを欠いてしまいましたが、5月末から探り探りで進めてきましたが、ここにきて軌道に乗って来てくれた様子。ハロン15秒のところを乗っても、反動は出ていません。あとは本数を重ねていって、動きの質と状態を上げていってもらえればと思います。

OP馬のエースはこの中間、負荷を高めて普通キャンターで乗り込みを開始。ただ、左前脚の球節はモヤ付き気味。負荷を高めると熱感や腫れといった症状が出ると思うので、こちらも入念なケアは怠れません。また、そろそろ暑さに弱いところを見せ出すと思うので、その時の対応を見守りたいです。