焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

4週連続での除外を経験して開幕週の小倉へ。1200mへの距離短縮は悪くないも、時計の速い決着になった際にどこまで対応できるか…。今回は最悪でも掲示板(5着以内)を確保してもらわないといけません。★エルスネル


f:id:yakifish:20200513045835g:plain エルスネル(牡・西園)父ロードカナロア 母サンドミエシュ

土曜小倉2R 3歳未勝利(芝1200m)7枠14番 藤岡康J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで追い切り

西園師「除外続きでコンディションの維持に努めていましたが、心身ともに良い状態をキープしていますよ。12日に坂路で終い重点で時計を出しましたが、反応・動きともに良かったですし、良いコンディションでレースに臨めると思います。想定を見て騎乗スタッフに相談したところ、『ダ1400mでは好位でレースが出来ましたが、ダ1200mならまだしもダ1000mだとさすがに追走で一杯になりそうです。それならロードカナロア産駒でもありますし、芝1200mの方が流れに乗っていけると思います』との意見がありましたので、8月15日の小倉・芝1,200mに藤岡康太騎手で投票させていただきました。ブリンカーを着けるようになってから行き脚が付くようになっていますし、前走は芝スタートであれだけスッと加速出来ていたことを考えると、この条件でも対応してくれると思います。良い手応えの割にはもう一つ伸び切れないので、開幕週の馬場でもありますし、早めに動いて粘りこむ競馬をしてもらいたいと思っています。今回も引き続きブリンカーを着けてレースに臨みます」(8/13近況)

助 手 12栗坂良 54.3- 38.7- 24.8- 12.4 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉1日目(08月15日)
2R 3歳未勝利
芝1200メートル 指定 混合 馬齢 発走10:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ラストブラッサム 牡3 56.0 藤井勘一郎
1 2 サンライズルーカス 牡3 56.0 松若風馬
2 3 ツクバゴールド 牡3 56.0 西村淳也
2 4 ヒルパルマ 牝3 54.0 太宰啓介
3 5 ブライティアルアー 牝3 51.0 服部寿希
3 6 オウケンラブキセキ 牝3 54.0 北村友一
4 7 タマモティータイム 牝3 54.0 鮫島良太
4 8 タガノヴィアトゥル 牝3 54.0 和田竜二
5 9 ネクストエピソード 牝3 54.0 荻野極
5 10 ワンダースアダーオ 牝3 54.0 松山弘平
6 11 メイショウホエール 牝3 54.0 小崎綾也
6 12 ナオミエキスプレス 牝3 54.0 浜中俊
7 13 アラビカ 牝3 51.0 泉谷楓真
7 14 エルスネル 牡3 56.0 藤岡康太
7 15 ブラックアモーレ 牝3 54.0 幸英明
8 16 メイショウヴンダー 牡3 56.0 長岡禎仁
8 17 ハートフルオブラブ 牡3 56.0 秋山真一郎
8 18 フレックル 牝3 54.0 鮫島克駿

○西園師 「除外が続いているけど、デキは維持している。スピードがあるので、距離短縮はいいはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

阪神の最終週を除外になり、その後、新潟&札幌の2場開催中は3週連続で新潟・ダ1200mに出馬投票するも、まさかまさかの3週連続で除外。トータルとして4週連続で除外を食らったエルスネル。個人的せずに妥協せずに新潟・ダ1200mに出走投票し続けたことは評価しますが、芝スタートから粘り込みを図れそうだったその舞台には1度立ってみて欲しかったというのが率直なところ。また、ここ3戦は連続で6着と頑張っているのに優先権にはあと1歩届かず。この3戦中に1頭でも交わしていれば、この馬の将来は違ったものになっていたかもしれません。改めて競走馬には運があるかないかは大きいなあと思い知らされました。

今週から3場開催が復活したことで、さすがに5週連続で除外は回避。当初はダ1000mとの両睨みでしたが、1000mはさすがに忙しいだろうということで、芝1200mへ矛先を向けてきました。同厩舎で3歳未勝利戦の使い分けもしたかったのかなと思います。

距離が1ハロン短縮されることは追って頼りない面があるエルスネルには歓迎材料かと。ただ、小倉は開幕週なので時計の速い決着が予想されます。それに対する適性は『正直どうかなあ?』とこれまでの戦績を見て思います。また、4週連続で除外を食らった為、調整は非常に難しかったと思いますが、最終追いはビシッとやってまずまずの時計と動き。追い切りを重ねてきたことによる疲れはなさそうですし、力を出せる状態でレースへ臨めるでしょう。あとは小倉への長距離輸送を無難にこなしてくれていれば。

レースプランとすれば、五分のスタートで前の位置を確保し、粘り込みを図る形になってくると思います。隣に人気のブラックアモーレがいて、ハナへ行きそうなので、これを目標に進めてもらいたいです。そしてスッと反応できないと思うので、早めに動いていって渋太さを生かしてもらいたいです。外目の偶数枠を引き当てたのは好都合だと思います。

ただ、勝ち切るとなると、成長力が物足りない+ワンパンチ足りないように思うので、今後への可能性を残す為にも、今度こそ掲示板確保(5着以内)は死守しないといけません。テン乗りですが、思いっきりの良い藤岡康Jの手腕に大いに期待しています。