焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

牧場でギリギリまで調整してレースへ臨むのがこの馬のスタイル。追い切りは地味ですが、実戦タイプなので気にする必要はなし。ただ、軽量の3歳牝馬2頭はスプリント能力も高いので、速い時計の決着となると分が悪そう。逆に馬場が渋って時計が掛かるようならチャンスは出てくるも…。まずは自分のスタイルを貫き、前走の2着がフロックではないところを示して欲しい。☆ロードベイリーフ

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードベイリーフ(牡・森田)父ヴァンセンヌ 母ショウナンアオバ

2022.06.30
7月3日(日)小倉11R・CBC賞(G3)・国際・芝1200mに和田竜Jで出走します。6月29日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は15時35分です。

2022.06.29
7月3日(日)小倉・CBC賞(G3)・国際・芝1200mに和田竜Jで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では出走可能です。6月29日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。

○森田調教師 「6月29日(水)は前にいた他厩舎の3頭が壁になり、途中までは引っ張り切り。打ち合わせよりも遅い57秒7のタイムだったのはその為です。でも、仕掛けた際の反応や終いの伸びは十分。トモが充実して来た印象を受けるなど、ようやく完成形に近付きました」

≪調教時計≫
22.06.29 助手 栗東坂良1回 57.7 41.5 25.7 12.1 馬なり余力 カイザー(3歳未勝利)末強目を0秒3追走頭遅れ

2022.06.27
7月3日(日)小倉・CBC賞(G3)・国際・芝1200mに特別登録を行っています。6月26日(日)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。

≪調教時計≫
22.06.26 助手 栗CW良 70.2 54.1 39.0 12.2 馬なり余力 ザウリ(古馬1勝)馬なりの内0秒2追走同入

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回小倉2日目(07月03日)
11R CBC賞(G3)
芝1200メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:35
枠    馬    馬名    性齢    重量    騎手
1    1    レインボーフラッグ    牡9    53.0    国分優作
1    2    アネゴハダ    牝3    49.0    藤懸貴志
2    3    レジェーロ    牝5    54.0    団野大成
2    4    シホノレジーナ    牝5    49.0    角田大河
3    5    テイエムスパーダ    牝3    48.0    今村聖奈
3    6    メイショウケイメイ    牝6    51.0    小沢大仁
4    7    スナークスター    せ6    52.0    富田暁
4    8    タイセイビジョン    牡5    57.0    川田将雅
5    9    ロードベイリーフ    牡5    54.0    和田竜二
5    10    メイショウチタン    牡5    54.0    荻野極
6    11    カリボール    牡6    54.0    西村淳也
6    12    スマートリアン    牝5    53.0    秋山真一郎
7    13    モントライゼ    牡4    55.0    北村友一
7    14    タマモティータイム    牝5    50.0    国分恭介
8    15    スティクス    牝4    52.0    幸英明
8    16    アンコールプリュ    牝7    53.0    藤岡康太
8    17    ファストフォース    牡6    56.0    松山弘平

○森田師 「テンには行けなかったけど、前走はよく追い込んできた。短期放牧に出して状態は維持。小倉コースはいいけど、追い込み脚質だし、開幕週の馬場でハンデがあるのがどうか。軽量馬が多いからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OPに上がってから2戦、ふた桁着順が続いたロードベイリーフ。3走前は出遅れから馬場の悪い内を突いて直線で失速。2走前はC.ルメールJが直前で乗れなくなり、急遽亀田Jとのコンビ結成となって力を出し切れずとチグハグと運のなさによる結果。そして一息入れた前走では函館スプリントSを予定するも、除外になりそうということで方向転換。千直の適性は低いのかなと見ていましたが、外枠を上手に生かして2着へ。心身が噛み合った走りができれば、OPでもやれることを示してくれました。

前走後は兵庫・ヒイラギステーブルでいつも通りにリフレッシュ。そしてギリギリまで牧場に置いて調整を進め、10日競馬での参戦。追い切りは2本のみで、最終追いでは前が邪魔になって追い辛い場面も。決して褒められた調整過程ではありませんが、元々攻めは地味ですし、前走時は坂路で3歳未勝利馬に遅れていた程ですから、今回は順調と言えるかも。ただ、暑さはそう強くない馬なので、小倉への長距離輸送で馬体重はマイナス4キロまでで止めて欲しいです。

開幕週の時計の速い馬場に関してはそれなりに対応できるも、中団以降で脚を溜め、直線でひと押しという競馬スタイル。逃げ・先行馬が止まらない馬場+展開なら苦しいでしょうし、1分6秒台まで走破時計が速くなるとさすがに厳しそう。また、雨がしとしと降ってくれれば、高さのある蹄をしているベイリーフにはプラスです。ただ、ここは軽量の3歳牝馬2頭(アネゴハダ、テイエムスパーダ)はスプリント能力も高さそうなので、ハンデ差が前に大きく立ちはだかりそう。まあ、ベイリーフと和田竜Jには自分の競馬スタイルをまずは貫いてもらい、そして直線でどこまで脚を伸ばすことが出来るかどうか。ノーチャンスではないですが、過度の期待は控え、前走の2着がフロックだと思われないような結果・レース内容を見せてもらえればと思います。