焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

除外を重ねたことによる精神面のイライラがレースの結果に直結。開幕週の馬場で後方2番手からの追走ではどうしようもなく、上がり3ハロン最速の脚を使っても9着まで。JRAの競走馬登録を抹消することになりました。★エルスネル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エルスネル(牡・西園)父ロードカナロア 母サンドミエシュ

土曜小倉2R 3歳未勝利(芝1200m)9着(8番人気) 藤岡康J

引き続きブリンカーを着用しています。モッサリとしたスタートから流れに乗り切れず、後方からのレースとなります。なかなか前との差を詰められず、最後の直線で外からジリジリ脚を伸ばしますが、上位馬を捉え切るほどの脚は見られず9着でゴールしています。

西園師「小倉競馬場に到着した後も疲れはなく体調は変わりないまま、良い状態でレースに向かうことが出来たと思います。開幕週の馬場なので時計は速くなるだろうなと思っていましたが、予想以上に速くなり追走で一杯になってしまいましたね。レース後、藤岡康太騎手に聞いたところ、『確かにスタートはそこまで速くなかったですが、それよりも周りを気にしてか進みがもう一つで流れになかなか乗っていくことが出来ませんでした。前が飛ばしていたので、最後はもう少し差を詰め寄れると思っていましたが、この馬なりに最後は伸びてくれたものの9着が精一杯でした』と話していました。開幕週の馬場とはいえ、上位馬に1分7秒台で走られては、さすがに後ろからではあの走りが精一杯だったと思います。最低限、掲示板を確保して優先出走権は獲らないといけない状況だっただけに、申し訳ない気持ちでいっぱいです」(レース結果)

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走が難しい状況となり、これまでの競走内容を踏まえ、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、20日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

⇒⇒19日に競走馬登録抹消の手続きが取られています。(19日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4週連続で除外を経験、ようやく小倉・芝1200mで出走機会を得たエルスネル。追い切りではそれなりに負荷を掛けることが出来、デキはそれなりにキープしてレースへ臨めたのかなと思います。

ただ、パドックに登場したエルスネルは馬体減に関しては許容範囲も、いつもと比べると煩い素振り。さすがに4週連続での除外はストレスを与えることになり、暑さも少し堪えたかなと思います。開幕週の馬場なのでゲートで出遅れると一気に用なしになってしまうので、レースまでに平常心を取り戻し、好位追走からひと押しできる競馬を期待しました。

しかしながら、スタートで若干出遅れると、ポジションを挽回mしようにも行き脚が一息。進路が狭くなったのかなと思ったのですが、周りの馬を気にしてフワフワした追走となり、思うように前に進んでいきませんでした。また、先頭はビュンビュン飛ばしていたこともあり、エルスネルが残り400mを切った時、勝ったタマモティータイムは最後の直線を迎えようとしていました。開幕週だと前は簡単に止まらないので、この時点で諦めの境地。最低限の目標として5着以内を確保して次へ繋げて欲しかったのですが、それも難しいのは重々分かりました。

その後、最後までしっかり追われたエルスネルは懸命に脚を伸ばし、上がり3ハロンはメンバー最速(9着)。この馬なりに頑張っているのですが、逃げ切った勝ち馬に1分7秒1で走られてはホントどうしようもありません。

今回も5着以内の優先権を逃してしまった為、未勝利戦に使えなくなったエルスネルは進退問題に。協議の結果、JRAの競走馬登録を抹消することになりました。うーん、残念。今後はサラブレットオークションに賭けられることになり、違う馬主さんの下で現役を続けることになるのかな?

ロードカナロアの牡馬ということで頑張って欲しい1頭でしたが、1月と生まれが早いのに、線の細さが目立っていたエルスネル。育成が進んでいく中でボリュームアップが叶うかなと見ていたのですが、さほど変わらず。レースでは集中力の維持にも課題はありましたが、今にして思うと成長力自体に疑問を感じます。

また、3戦連続で6着に敗れているように、運のなさを感じた1頭でもありました。この3戦中1戦でも掲示板を確保出来ていたら、エルスネルの将来がガラッと変わっていても不思議ではありませんでした。

ロードカナロアは従順で本当に賢いお馬さんでしたが、子供には繊細さを伝えることが多々あります。特に牡馬にそういうケースが多いように感じられ、エルスネルもそうですし、先に引退が決まったクァンタムリープも同タイプ。馬具による矯正が必要で、最終戦ではブリンカー着用。1つリズムが乱れると、簡単に挽回が利きませんでした。