焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2次追加募集馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サファリミスの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も屋内坂路をメインに運動を行っています。先週から坂路2本目はハロン14秒とペースアップして調教しています。先月頃から馬体は逞しくなってきてはいたのですが、丸みが出てボリュームアップしたといった感じで、まだメリハリのない馬体をしていました。ですが、ここ数週間で馬体に凹凸が出てきましたよ。もともと体幹の強いタイプですが、そこに筋力がついたことで騎乗していて背中に芯が入ったように感じられるほど力強く登坂してくれています。精神面は負荷が高まっても煩くなるようなこともなく、コースではいつも騎乗者に意識を向けてくれています。より実践的な調教を継続していますが、それでいて馬体重が増加傾向にありますから、体調面はすこぶる良好です。今後も見えない疲れに注意し、移動の予定が立てられるように準備していきます。馬体重は484キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アクウェイントの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を消化しています。以前よりも馬体をしっかり使って走れるようになってきているので、手応えや力強さが増してきた印象です。背中の感触も良く、柔軟性のある動きをしていますし、徐々にコントロールもしやすくなってきていますね。ただ、元々走ることに対して前向きさがありましたが、それがより強くなってきているので、もっと力を抜いてリラックスする部分を作れるよう教えていっているところです。馬体は相変わらず張り・艶は良好で、良い状態を維持することが出来ていますので、精神面を上手く成長させられるように努めていきます。馬体重は491キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキートゥビーミーの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間の状態が良く、ペースアップして登坂しています。ですが、まだ馬体の成長を促している段階ですから、週3回トレッドミルでの運動を取り入れてあまり追い詰めないような調教メニューにて調整しています。体を大きく使って登坂しているものの、あまり時計が出ていないように見えるタイプですが、ハロン14秒台を計測することで出来ていますよ。まだ線の細さが目立つ馬体であるにもかかわらず、この動きができるのが本馬の素質の高さを感じるところですね。若干ですがペースを上げても馬体重は増加傾向にあり、継続した鍛錬で馬体に厚みが増した時のキャンターがいまから楽しみです。ペースアップしましたが、扱いやすい性格は変わりませんし、運動中の集中力は先月よりも増してきているように感じます。現時点で脚元に問題はなく負荷をしっかり高めていける状況です。今後も馬体の成長を促しながら現在の運動を継続していきます。馬体重は453キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロッシェノワールの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「引き続き坂路コースと周回コースでコンスタントに乗り込んでいますが、馬体に大きな問題はなく順調ですね。走りには力強さがありながらも、良いスピードを持っていますし、比較的短い距離が合いそうな印象です。とても前向きに調教に取り組めていますし、安定感があって乗りやすいのも、この馬の良いところだと言えるでしょう。まだ成長の余地は残していると思いますが、仕上がり自体は早そうですし、デビュー戦から良い競馬が期待できそうなタイプだと見ています。馬体重は452キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サファリミスの18は無駄肉のつきにくいだと思いますが、コツコツ乗り込んできたことで少しずつ馬体にメリハリが出てきたのは○。鞍上の指示に素直に従ってくれているのも良い感じです。今後も負荷を継続しつつ、馬体重を増やしていって欲しいです。

アクウェイントの18は前進気勢が強過ぎて暴走気味に走られては困ります。ちょっとしたことでテンションが上がるタイプの馬かな? 外国産馬らしく身体能力は高いと思うので、この馬の良さを引き出せるように日々の調教から取り組んでいって欲しいです。

ラッキートゥビーミーの18は線の細さが課題。カイ食いが一息だったり、回りのことに色々気を遣うのかなと思います。牝馬のようなメンタルなんでしょう。ただ、走って時のフォームは様になっているし、推進力を感じます。何か自信でも付けてくれたら、振る舞いが変わってくるのかなと勝手に想像します。

ロッシェノワールの18は真面目に日々の調教を消化中。走ることには従順ですし、そこそこセンスを感じます。あとはどのくらいのスピードを秘めているか…。更に乗り進めることで力強さが出てきて欲しいです。